Entries

コラム2 画材道具(真砂家所用)

次は、夏休み企画展で取り上げたもう一人の画家の絵具箱です。

画材道具(真砂家所用) 個人蔵

画材道具 真砂家所用(がざいどうぐ まなごけしょよう) 

一式
江戸時代(18~19世紀)
個人蔵

 これは、真砂幽泉(まなご・ゆうせん)という、江戸時代(18~19世紀)に活躍した画家の家に伝わった絵具箱です。
真砂家で大切に保管されてきました。

 幽泉は、江戸時代の田辺(今の和歌山県田辺市)で活躍した画家です。今から約250年前に生まれました。
 絵が大好きだった幽泉は、10代のころ、何年か京都でくらして、鶴沢探索・探泉という狩野派系の師に絵を習いました。
幽泉は、大庄屋をしていた家の跡を嗣いでからも、仕事の合間に、たくさんの絵を描き、
紀伊藩八代目藩主である徳川重倫(しげのり)に絵を献上するなど活躍が知られます。

 この箱は、箪笥の形をしていて、引き出しは、後ろの穴から指で押して開けます。
数十本の筆や、絵具(顔料)、絵皿、膠など、道具一揃いが入っています。この箱をそばにおいて、絵を描いたのでしょう。
前回のコラムで紹介した桑山玉洲の絵具箱は、中国趣味が濃厚で洒落たものでしたが、この真砂家の絵具箱は、機能的でシンプルです。


 江戸時代の絵の描き方や道具は、現在「日本画」と呼ばれている絵の描き方や道具と、だいたい同じです。
学校などで使う絵具セットと大きく違うのは、絵具がチューブに入った練り物ではなく、粉であることです。
粉の絵具は、「膠」という、動物の皮や骨から作った接着剤と混ぜることによって、紙に描くことができます。
 幽泉たちが使う粉の絵具は、「顔料」といい、石などを砕いて粉にしたものです。
水には溶けず、絵皿(パレット)の上で他の色と混ぜることができないので、絵の上で重ねて、複雑な色を表します。
顔料のほかに、植物や虫から作った、水に溶ける「染料」も、絵具として使っていました。
幽泉も、一色で塗ったり、重ねたりと、工夫をしているようです。

 展覧会では、次のような作品を展示し、幽泉の色づかいをご覧いただきました。

兜図 真砂幽泉筆 個人蔵

(兜図 真砂幽泉筆 紙本著色 個人蔵)
 端午の節句(今のこどもの日)に飾る兜を描いた絵。左素主人という人が、絵の上のほうに和歌を書いています。細かい線で輪郭を描き、赤、茶、黄、緑、青、白、臙脂などをふんだんに使って色を塗っています。

蓬莱山図 真砂幽泉筆 個人蔵

(蓬莱山図 真砂幽泉筆 紙本著色 個人蔵)
 「蓬莱山」という、仙人の住む山を描いた、おめでたい絵です。
 朝日の赤、松や亀の緑、梅や鶴の白が鮮やかです。とんがった山には、青や橙色を薄く塗って、朝日を浴びて輝く様子を表しています。細やかな色づかいが魅力です。

次のコラムでも道具類を紹介します。

(学芸員 袴田)

コラム 画材道具(桑山玉洲所用)

9月に入り、夏休みも終わってしまいました。
和歌山県立博物館では、明日から、「西行と明恵」という新しい企画展が始まります。

その前に、夏休み企画展「のぞいてみよう!えのぐばこ」(7/22~9/3)のご報告を、
展示資料をいくつかピックアップして、コラムの形で記します。
 「のぞいてみよう!えのぐばこ」は、こんな思いがあって企画しました。展覧会のごあいさつを引用します。

「教科書やテレビ、展覧会で、わたしたちは、「完成した」作品を見ています。でも、どんな道具で、どうやって描いたんだろう?
 そんな疑問に答えてくれるのが、江戸時代の和歌山で活躍した二人の画家、真砂幽泉(1770~1835)と桑山玉洲(1746~99)のえのぐばこ。この夏休み企画展では、二人の画家のえのぐばこと、お手本や下描き、しあげにおしたハンコなどを展示し、完成作品の背景にある、画家たちのこだわりや、絵の練習のようすを、のぞいてみたいと思います。むかしの画家たちの生き生きとしたすがたを、身近に感じていただければ幸いです。」

展覧会に行けなかった!という方は、コラムをご覧になって、雰囲気を感じていただければと思います。

はじめにご紹介する資料はこちらです。

画材道具類(桑山玉洲所用) 個人蔵

画材道具 桑山玉洲所用(がざいどうぐ くわやまぎょくしゅうしょよう) 一式。
江戸時代(18~19世紀)
個人蔵

 桑山玉洲(くわやま・ぎょくしゅう)という、江戸時代(18世紀)に活躍した画家が使っていた絵具箱です。
玉洲の絵具箱は、他にもう1つ例が知られています。

 桑山玉洲さんは、江戸時代の和歌山(今の和歌山市)で活躍した画家です。
今から約270年前に生まれ、次のコラムで紹介する真砂幽泉よりも20歳ほど年上です。
 玉洲の家は、船で品物を運ぶ「廻船業」や、お金の両替をする商売をしていました。
20代のころには江戸(今の東京)へ行き、有名な絵の先生たちを訪ねました。
ですが、先生たちの絵に満足できなかった玉洲は、自分で絵の勉強を始めました。
友達と交流したり、あこがれの中国の絵を集めたりして、新しい絵の描き方を目指したようです。


 さて、この画材道具は桑山家の分家に伝わったもので、絵具を小分けにできる入れ物や、
方位磁針が入っており、屋外での制作時に使ったのかもしれません。
こちらの旧家には、玉洲の作品とともに、玉洲が集めた書画や使った道具がまとまって遺っています。
2013年に当館で開催した特別展「桑山玉洲のアトリエ」展で全貌が展示されたのも、記憶に新しいのではないでしょうか。
江戸時代の画家が集め使った道具や作品が、まとまって残る例はきわめて貴重です。

 玉洲の絵具箱には、「朱」や「丹」、「臙脂」など赤色系、「群青」など青色系、「白緑」など緑系、
白い「胡粉」に、輝く「金泥」など、たくさんの絵具が入っています。
カラフルできれいな色づかいが得意な玉洲。
展覧会では、次のような作品を展示し、玉洲の色づかいをご覧いただきました。

渡水羅漢図 桑山玉洲筆 館蔵

(渡水羅漢図 桑山玉洲筆 和歌山県立博物館蔵)
 大きな松の木の下で、川を渡る、大勢の羅漢を描いています。羅漢とは、仏教の、特に優れた僧侶のことです。山は鮮やかな青や緑色、川は薄い藍色。羅漢の服は、赤、青、白、緑、桃色、茶色など、さまざまな色が塗ってあります。いくつの色を見つけられるでしょうか。

富岳図 桑山玉洲筆 個人蔵

(富岳図 桑山玉洲筆 個人蔵)
 富士山が見えています。その前には松の林と川、そして家々。地面は、幅の広い筆を横に動かして描いています。墨の割合が多いなか、空や地面に朱色が入り、明け方か、夕方の景色のようです。よく見ると、緑や臙脂色の点で、草や花が描かれています。

コラムはいくつか続きます。

(学芸員 袴田)

第45回マイミュージアムギャラリー「追え!ピンポン球 ―三年間の集大成―」

和歌山県立博物館マイミュージアムギャラリー
第45回展示 「追え!ピンポン球 ―三年間の集大成―」
【出 陳 者】 和田 涼平
【展示期間】 平成29年8月11日(金・祝)~9月24日(日)
【出陳資料】 表彰状  現代(21世紀)

【資料をめぐる思い出】
 これは、中3の春に和歌山市の中学卓球大会で団体戦優勝した時の表彰状です。
 卓球は、友達に誘われて中学から始めました。休まず練習に参加していたからでしょうか、補欠ではあったものの団体戦メンバーに選ばれ、2回戦にダブルスで出場しました。自分の出た試合は惜しくも負けてしまったものの、三年間の集大成として形が残ったことは嬉しく思います。
 額に入っていて立派に見えますが、実は表彰状が一枚しか用意されなかったため、顧問の先生が職員室で人数分コピーしてくれたものです。しかし、厳しくも楽しかった日々を思い出させてくれる大事な品です。
表彰状20170810
(画像クリックで拡大します)

【学芸員(実習生)の一口メモ】
 表彰状とよく似た、一通の感謝状を紹介します。徳川賴倫(よりみち)から加納榮之助に出されたもので、南葵(なんき)育英会の賛助員になってくれたことに対する謝意が書かれています。
 徳川賴倫は、紀伊徳川家を継いだ、貴族院議員です。また、加納榮之助は、紀州藩主時代から将軍吉宗を支えた有力な紀伊藩士である加納家の出身です。
 南葵育英会は、徳川賴倫が明治44年(1911)に、和歌山県及び三重県の旧紀州藩領出身の子弟に修学を保護奨励することを目的として設立した団体で、奨学金の貸与や寮の提供を行いました。
頼倫感謝状(加納家資料100)
加納栄之助宛徳川頼倫感謝状(和歌山県立博物館蔵)

※今回の展示は、平成29年度に和歌山県立博物館が受け入れた博物館実習生8名が作成しました。
 

まちなかの博物館・美術館をめぐろう!-5館相互割引について-

まちなかの博物館・美術館をめぐろう!-5館相互割引について-

このたび、和歌山市内の5つの文化施設(和歌山県立近代美術館、和歌山県立博物館、和歌山市立博物館、和歌山城天守閣、わかやま歴史館)をご利用の方について、2館目の入館料を割引にてご利用いただけることとなりました。和歌山県立博物館と県立近代美術館では団体割引料金を適用します。

                  
県立近代美術館
一般   常設展340円→270円  特別展・企画展は団体割引料金適用
大学生 常設展230円→180円  特別展・企画展は団体割引料金適用
県立博物館
一般   常設展280円→220円  特別展は団体割引料金適用
大学生 常設展170円→140円  特別展は団体割引料金適用
*他館の割引料金については、各館のウェブサイトでご確認ください。


また、相互割引に関連して、和歌山城周辺に残る史跡や文化財等を紹介した「わかやままちなかミュージアムガイド」を作成しました。和歌山城下のまちなかを自転車や徒歩で巡っていただけるよう、5館が連携して作成したガイドマップです。各館に設置していますのでご利用ください。
わかやままちなかミュージアムガイド1 わかやままちなかミュージアムガイド2


下湯川観音堂に3Dプリンター製お身代わり仏像を奉納しました(平成29年7月28日)

 和歌山県立博物館では、和歌山県立和歌山工業高等学校の協力を得て、3Dプリンターを用いた文化財の精巧な複製を制作し、文化財の防犯対策を行っています。これは高齢化や人口減少などの要因により、管理や保全が困難になっている地域の寺社等にある文化財を博物館等で保管し、かつ、信仰されてきた環境も従来通り維持するための取り組みで、平成24年度から28年度までの5年間に、県内10か所の寺社に21体の複製を安置してきました。
 このたび、11か所目(22体目)となる、有田川町下湯川の下湯川観音堂に観音菩薩立像を奉納いたしました。仏像の計測、データ修正を県立和歌山工業高等学校産業デザイン科の生徒7名が担当し、高校所蔵の3Dプリンターで出力後、部品の接着、表面研磨、下地作りを博物館職員が行い、アクリル絵の具による着色作業を和歌山大学教育学部美術教育専攻の学生が行いました。
下湯川観音堂観音菩薩(左実物、右レプリカ)
(左:実物 右:複製)
 この仏像は下湯川観音堂の本尊像で、像高69.3㎝、髻を結って天冠台をあらわし、条帛、裙、天衣をまとって、左手を屈し右手を垂下しています。頭体及び右手前膊、左手上膊までと天衣遊離部も含め一木から彫り出して、頭部では頰が豊かに膨らみ、体部も抑揚を強調しない穏健な肉取りで、平安時代後期の仏像様式に基づいた、12世紀ごろの作例と考えられます。
 本年(平成29年)1月21日から3月5日の会期で開催した企画展「有田川中流域の仏教文化-重要文化財・安楽寺多宝小塔修理完成記念-」の事前調査で初めて同堂の調査を行ったところ、本像をはじめ、平安時代中~後期の仏像ほか古代・中世の資料が多数確認されました。
 本尊像以外は先の企画展で展示・公開することとなりましたが、極めて重要な資料群であり、また過疎化・高齢化の進んだ地域であることから、無住の観音堂で今後これらの資料をいかに管理していくかについて会期中に地域住民の方々と検討しました。結果、会期終了後は博物館で寄託を受け保管することとなり、改めて本尊像も借用するとともに、地域の信仰環境を維持するため、お身代わりの仏像を安置することとなったのです。

 7月28日(金)10時30分、有田川町の山中、有田川の支流・湯川川流域に位置する下湯川地区に高校生6名と大学生1名が到着。区長さん、お世話役の方、町の教育長らが迎えてくれる中、観音像は高校生が抱きかかえ、観音堂へと続く坂を登ります。
下湯川観音堂奉納 (5)

 観音堂には、堂守さん、下湯川の住民の方々がお待ちになっており、改めて今回の経緯をご説明し、工業高校の児玉先生に生徒の紹介を行ってもらったのち、生徒代表から堂守さんに「お身代わり」の仏像が手渡されました。
下湯川観音堂奉納 (1)

 観音像を観音堂の厨子の中に納め、区長さんが導師役となって、地域の皆さんで般若心経3巻が唱えられました。読経の後、拝んでいる地域の方が「お帰りなさい」とつぶやかれたのを聞いて、高校生・大学生が頑張って作ってくれた仏像が、無事に観音堂の本尊として迎え入れられたのだと、一安心しました。
下湯川観音堂奉納 (4)

下湯川観音堂奉納 (2)

 読経の後は、地域の方が用意してくれたわさび寿司(鯖寿司をわさびの葉で巻いたもの)をいただき、記念撮影のち帰途につきました。
下湯川観音堂奉納 (3)

 今回の「お身代わり」仏像の奉納は、作製した生徒・学生が地域の方々と交流を行うことで学びをより充実したものとするとともに、地域の方々が「お身代わり仏像」を身近に感じていただく機会となるよう行ったものです。心温まるふれあいに接して、その目的を達することができたものと感じています。今後も博物館では、大切な文化財を継承するための取り組みを続けて参りたいと思います。(主査学芸員 大河内智之)

下湯川観音堂への観音菩薩立像複製の奉納について(プレスリリース)

下湯川観音堂への観音菩薩立像複製の奉納について

 和歌山県立博物館では、和歌山県立和歌山工業高等学校の協力を得て、3Dプリンターを用いた文化財の精巧な複製を制作し、文化財の防犯対策を行っています。これは高齢化や人口減少などの要因により、管理や保全が困難になっている地域の寺社等にある文化財を博物館等で保管し、かつ、信仰されてきた環境も従来通り維持するための取り組みで、平成24年度から28年度までの5年間に、県内10か所の寺社に21体の複製を安置しています
 このたび、4月より制作しておりました、有田川町下湯川地区の下湯川観音堂の本尊である観音菩薩立像(平安時代後期・12世紀)の複製を、下記日程にて奉納することとなりましたので、お知らせします。
 現地には制作に携わった県立和歌山工業高等学校産業デザイン科の生徒と、アクリル絵の具による着色作業を行った和歌山大学教育学部美術教育専攻の学生が訪れ、新たに制作した「お身(み)代(が)わり仏像」を地区住民にお渡しします(実物は博物館寄託)。
 なお、今回の奉納は、生徒・学生が地域の方々と交流を行うことで学びをより充実したものにするとともに、住民の方々が「お身代わり仏像」を身近に感じていただく機会とすることを目的としています。

下湯川観音堂観音菩薩立像2017下湯川観音堂観音菩薩立像(実物・画像クリックで拡大します)
 
 日 時 平成29年7月28日(金)10:30~12:00
      (交通事情等で到着時間が若干前後する可能性があります)
 場 所 下湯川観音堂(有田川町下湯川577)  ※駐車場は添付画像の地図をご確認ください。
 参加者 有田川町下湯川地区の住民の方々・県立和歌山工業高等学校産業デザイン科の生徒及び教員
      和歌山大学教育学部美術科教育専攻の学生・和歌山県立博物館職員
 担当者 主査学芸員 大河内智之(当日連絡先:090-9546-6094)
 ※複製の作製は文化庁「平成29年度地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」の成果によるものです。
下湯川周辺地図(広域)

下湯川周辺地図(詳細)

平成29年7月19日資料提供
担当課(室) 県立博物館
担当班・係 学芸課
担 当 者 主査学芸員 大河内
電話 073-436-8684 (学芸課)

コラム 大村家長屋門の近代

大村家屋敷の主屋や長屋門は、明治30年(1897)ごろに和歌山城の1.5km程南の堀止東に移築されました。
移築したのは陸軍を退役したばかりの白樫甚一氏(1847~1918)で、
白樫本家から分家するにあたり、自らの住まいとするためでした。

白樫甚一
 写真 白樫甚一氏 個人蔵 〔今回展示していません〕

主屋には白樫家の家族が住まい、長屋門は表門の機能のほか借家にも使われました。
大村家の主屋は現存していませんが、白樫家に残されていた古写真によって、その片鱗を知ることができます。
主屋には来客用の玄関があり、内部には書院座敷が備わる格式高い造りでした。
大村家の長屋門は、大村家から白樫家へ、そしてその後さらに所有者が替わりながらも、時代を超えて受け継がれました。
映画「紀ノ川」では、堀止東にあった長屋門の前で、撮影が行われています。

47 アルバム(映画「紀ノ川」での撮影風景)DSC_1615 アルバム(映画「紀ノ川」撮影風景」) 個人蔵 〔展示番号47〕

時には映画撮影のロケ地となって、人々に親しまれ続けたのです。

おわり

次回のミュージアムトークは7月15日(土)です。
ミュージアムトーク終了後、現地見学会(旧大村家住宅長屋門)を行います。

(文化遺産課 主査 御船達雄)

→企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」

コラム 大村家長屋門の瓦

大村家長屋門の屋根は入母屋造の本瓦葺で、平瓦と丸瓦を組み合わせて葺かれています。

本瓦葺の屋根s 旧大村家住宅長屋門の本瓦葺の屋根

軒先や鬼瓦には、大村家家紋の桔梗が造り出されています。

46 桔梗紋軒丸瓦DSC_1638 桔梗紋軒丸瓦 和歌山市蔵 〔展示番号48〕

軒丸瓦や鬼瓦には、「泉州深日 源四郎」の刻印や、へら書きが見られ、
現在の大阪府泉南郡岬町深日の瓦屋で製作されたことが分かります。
当地は江戸時代から明治時代にかけての瓦の一大生産地で、
「谷川瓦」のブランドで大阪、和歌山のみならず、各地に販路を伸ばしていました。
長屋門には屋根だけでなく、海鼠壁にも瓦が使われています。
海鼠壁は平瓦を壁の胴縁に釘打ちし、目地に漆喰を半円型に盛って造られています。

海鼠壁s 海鼠壁

漆喰の形が、海に棲む海鼠に似ているのが、名称の由来とされています。
外壁の防火、防水に役立ちますが、造るのには大変手間のかかる構法です。
海鼠壁の瓦には刻印などがなく、産地は不明ですが、屋根瓦と同じ谷川瓦と見られます。

つづく

次回のミュージアムトークは7月15日(土)です。
ミュージアムトーク終了後、現地見学会(旧大村家住宅長屋門)を行います。

(文化遺産課 主査 御船達雄)

→企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」

コラム 大村家長屋門の建築

大村家の長屋門は、木造、平屋建一部二階建、桁行12間、梁間2間半、入母屋造、本瓦葺の建築です。

長屋門全景s 和歌山市指定文化財 旧大村家住宅長屋門

45 白樫家(旧大村家)屋敷古写真DSC_1573 白樫家(旧大村家)屋敷古写真 個人蔵 〔展示番号45〕

建築面積は136.1㎡(約41坪)になります。
門構えに、部屋を連ねた典型的な長屋門形式で、海鼠壁や本瓦葺の屋根に家の格式が表されています。
建設年代は不明ですが、形式手法から江戸時代末期と見られます。
元は現在の県庁の北西に建っていたものですが、
明治30年ごろ白樫家によって移築され、
平成29年に保存のため、岡公園内(和歌山市岡山丁3)に再び移築されました。
長屋門は近世の武家等の屋敷に見られる門の形式で、街路に面して建てられました。
家臣や使用人の住まう部屋である長屋と、門構えとが一体になって造られたものです。
和歌山城下の武家地には、このような紀伊徳川家の家臣たちの長屋門が建ち並び、
町人地とは異なる独特の都市景観が創られていました。

44 紀伊稚山城下之図D3A_0526 加工 紀伊稚山城下之図(部分) 和歌山県立博物館蔵 〔展示番号44〕 

つづく

次回のミュージアムトークは7月15日(土)です。
ミュージアムトーク終了後、現地見学会(旧大村家住宅長屋門)を行います。

(文化遺産課 主査 御船達雄)

→企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」

コラム 10代藩主徳川治宝と大村家・児玉家

寛政元年(1789)、徳川治宝は19歳で紀伊藩10代藩主となりました。
治宝は藩財政の立て直しのため藩政改革を行い、年貢増徴や諸産物の専売制を行いました。
また、中・下級家臣を抜擢し、家老らの門閥派を中心とした藩政の流れを変えようとしました。
その一方で、文雅を楽しむ政策も行い、これが財政難を引き起こす要因となったともいわれています。
文政6年(1823)、治宝は藩主の座を婿養子である斉順に譲りました。
しかし、隠居後も、治宝は文政10年(1827)に完成した西浜御殿に逗留し、
側用人となった重臣たちも西浜御殿に参集し、
嘉永5年(1852)12月7日に83歳でこの世を去るまで、隠然たる勢力をふるいました。
大村弥兵衛高行や児玉覚輔も治宝に重用された家臣で、
加増された際、屋敷替えで屋敷地も広くなったようです。

49 大村家系譜DSC_7112  大村家系譜 和歌山県立文書館蔵 〔展示番号49〕

56 児玉家屋敷図D3A_9180 児玉家屋敷図 個人蔵 〔展示番号56〕

治宝の死後、治宝一派が粛清されますが、高行や覚輔は重い処分は受けなかったようです。

つづく

9日(日)、午後1時30分からミュージアムトークを行い、19人の方の参加がありました。

D3A_2163小

次回のミュージアムトークは7月15日(土)です。
ミュージアムトーク終了後、現地見学会(旧大村家住宅長屋門)を行います。

(主任学芸員 前田正明)

→企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター