FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/814-294b4c49

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

コラム 印章(桑山玉洲ほか所用)

今回は、ハンコです。

0804桑山玉洲・桑山家使用印 個人蔵

印章 桑山玉洲ほか所用(いんしょう くわやまぎょくしゅうほかしょよう)23顆・一合
石製・水晶製
江戸時代(18~19世紀)
個人蔵

 日本や中国の画家たちは、絵の仕上げに、サインを書いて、印を捺します。これは、桑山玉洲とその妻の君婉(くんえん)や子の㬢亭(ぎてい)が使った印で、花鳥をデザインした愛らしい漆塗の箱に収められています。
 
 日本や中国の画家たちは、絵の仕上げに、サインを書いて、ハンコを捺します。画家の名前や好きな言葉を彫った、世界でただ一つのハンコをおすことによって、たとえサインがなかったとしても、その画家が描いたとわかるのです。墨一色の絵に、小さいけれど、鮮やかな朱色のハンコがおされると、画面がひきしまります。
 また、昔の画家は、いくつも雅号(ペンネーム)があったので、ハンコもたくさん持っていました。文字の部分がへこんで白く見えるように彫ったものを「白文印」、文字の部分が赤く浮きあがるように、周りを彫ったものを「朱文印」と呼びます。赤と白のバランスや、ハンコを捺す位置で、絵の雰囲気が大きく変わるので、ハンコを捺すのは、緊張する一瞬だったのではないでしょうか。

展覧会では、次の作品を展示し、玉洲がハンコを捺す際の工夫(バランスの取り方)をご覧いただきました。

山水図 桑山玉洲筆 個人蔵

(山水図 桑山玉洲筆 個人蔵)
細長い紙に、山や滝、川(山水)を描いています。右上にサインをして、その下に「嗣」「粲」の朱文印を捺しています。「嗣粲」(しさん)は、玉洲のペンネームの一つです。左下には、「聴雨」(ちょうう)という、玉洲のアトリエの名前を彫ったハンコを捺しています。こちらは白文印です。
上には赤の分量が少なくて軽い朱文印、下には赤の分量が多くて重い白文印を配置して、絵の持つ上昇感をサポートしています。
そして、こうした小さく細長い絵には、大きなハンコではなく、細くて小さ目のハンコを用いることで、すっきりとした印象を保っているのですね。

さて、上で紹介したハンコ類の中には、この絵に捺したハンコもあります。

「嗣粲」「聴雨」印

このハンコは、表に「嗣」「粲」、裏(展示室では鏡に映してご覧いただきました)に「聴雨」と彫ってあります。
この組み合わせは、「山水図」に捺してあるのと同じです!
「山水図」の二つのハンコは、別々のものではなく、一組として作ってあったハンコだったのですね。

こんなことがわかるのも、作品と道具が一緒に遺っていることの面白さの一つです。

(学芸員 袴田)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/814-294b4c49

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。