Entries

コラム 大村家長屋門の近代

大村家屋敷の主屋や長屋門は、明治30年(1897)ごろに和歌山城の1.5km程南の堀止東に移築されました。
移築したのは陸軍を退役したばかりの白樫甚一氏(1847~1918)で、
白樫本家から分家するにあたり、自らの住まいとするためでした。

白樫甚一
 写真 白樫甚一氏 個人蔵 〔今回展示していません〕

主屋には白樫家の家族が住まい、長屋門は表門の機能のほか借家にも使われました。
大村家の主屋は現存していませんが、白樫家に残されていた古写真によって、その片鱗を知ることができます。
主屋には来客用の玄関があり、内部には書院座敷が備わる格式高い造りでした。
大村家の長屋門は、大村家から白樫家へ、そしてその後さらに所有者が替わりながらも、時代を超えて受け継がれました。
映画「紀ノ川」では、堀止東にあった長屋門の前で、撮影が行われています。

47 アルバム(映画「紀ノ川」での撮影風景)DSC_1615 アルバム(映画「紀ノ川」撮影風景」) 個人蔵 〔展示番号47〕

時には映画撮影のロケ地となって、人々に親しまれ続けたのです。

おわり

次回のミュージアムトークは7月15日(土)です。
ミュージアムトーク終了後、現地見学会(旧大村家住宅長屋門)を行います。

(文化遺産課 主査 御船達雄)

→企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/807-c87770bb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター