Entries

コラム 大村家長屋門の建築

大村家の長屋門は、木造、平屋建一部二階建、桁行12間、梁間2間半、入母屋造、本瓦葺の建築です。

長屋門全景s 和歌山市指定文化財 旧大村家住宅長屋門

45 白樫家(旧大村家)屋敷古写真DSC_1573 白樫家(旧大村家)屋敷古写真 個人蔵 〔展示番号45〕

建築面積は136.1㎡(約41坪)になります。
門構えに、部屋を連ねた典型的な長屋門形式で、海鼠壁や本瓦葺の屋根に家の格式が表されています。
建設年代は不明ですが、形式手法から江戸時代末期と見られます。
元は現在の県庁の北西に建っていたものですが、
明治30年ごろ白樫家によって移築され、
平成29年に保存のため、岡公園内(和歌山市岡山丁3)に再び移築されました。
長屋門は近世の武家等の屋敷に見られる門の形式で、街路に面して建てられました。
家臣や使用人の住まう部屋である長屋と、門構えとが一体になって造られたものです。
和歌山城下の武家地には、このような紀伊徳川家の家臣たちの長屋門が建ち並び、
町人地とは異なる独特の都市景観が創られていました。

44 紀伊稚山城下之図D3A_0526 加工 紀伊稚山城下之図(部分) 和歌山県立博物館蔵 〔展示番号44〕 

つづく

次回のミュージアムトークは7月15日(土)です。
ミュージアムトーク終了後、現地見学会(旧大村家住宅長屋門)を行います。

(文化遺産課 主査 御船達雄)

→企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/805-50ec8b53

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター