Entries

コラム 滴水瓦と朝鮮侵略

滴水瓦とは朝鮮半島に由来する軒平瓦の一種で、逆三角形の瓦当部をもっているのが特徴です。
この滴水瓦は、和歌山城内の発掘調査でも出土しています。
滴水瓦が日本に伝わるきっかけとなったのは、豊臣秀吉が行った朝鮮侵略(1592年の文禄の役〔壬辰倭乱〕と1597年の慶長の役〔丁酉倭乱〕)でした。
このとき、朝鮮半島から宮殿や寺院に使用されていた「李朝瓦」が日本に運ばれ、瓦職人も連れてきたといわれています。
関ヶ原合戦後、朝鮮へ渡海した武将(加藤清正や浅野幸長など)が築いた城などには、滴水瓦が使われました。
浅野幸長の居城であった和歌山城では、違鷹羽紋(浅野家の家紋)・蓮華文・唐文・菊文の4つの文様の滴水瓦が出土しています。
最近行われた三の丸の発掘調査で、安藤家屋敷地や水野家屋敷地からも出土しています。

05 和歌山城下屋敷大絵図 其五 和歌山城下屋敷大絵図 其五(部分) 和歌山県立図書館蔵 〔展示番号5〕

08 唐草文滴水瓦D3A_0599 唐草文滴水瓦  (公財)和歌山市文化スポーツ振興財団蔵 〔展示番号8〕

08 下がり藤紋滴水瓦D3A_0578 下がり藤紋滴水瓦  (公財)和歌山市文化スポーツ振興財団蔵 〔展示番号8〕

10 沢瀉紋滴水瓦D3A_0545
沢瀉紋滴水瓦  (公財)和歌山市文化スポーツ振興財団蔵 〔展示番号10〕

つづく

現在、和歌山県立博物館では企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」を開催しています。ご来館をお待ちしています。

(主任学芸員 前田正明)

→企画展「紀伊徳川家の家臣たちⅡ」
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/795-2b7c21b2

0件のトラックバック

1件のコメント

[C297] 滴水瓦

 楽しく拝見させて頂きました。
 もう少し正確に記すと、滴水瓦は中国・元の時代に生まれて、朝鮮半島へは高麗時代末期~朝鮮時代初頭頃に伝播しました。
 「滴水瓦」は中国式の呼称で、和名を「剣高(けんだか)瓦とも呼び、軒平瓦だけでなく、軒丸瓦も含めた軒瓦を指す概念です。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター