Entries

平成29(2017)年度職場体験① 貴志中学校

平成29(2017)年度職場体験① 貴志中学校

今年も、職場体験(インターンシップ)の季節がやってきました!

第1回目は和歌山市立貴志中学校です。
生徒さん2人が、6月6日(火)~8日(木)も3日間、職場体験に来てくれました。

【初日 6/6】
まずは、毎年恒例、朝礼での挨拶・自己紹介をしてもらい、
そのあと、博物館の施設見学を行いました。
博物館の裏側まで全てを見学して、
たくさんの人が働いていることを知ってもらいました。
収蔵庫では、火縄銃や刀を実際に持ち、重さや手触りを体感しました。
職場体験以外では、めったにない機会です。

DSC_3341.jpg


DSC_3342.jpg


その後はさっそく、博物館収蔵資料の調査を手伝ってもらいました。
午前の終わりに、写真に写し込むためのナンバーカードを作り、
午後は、実際に写真撮影をしました。
シャッターを切る役と、冊子をめくり、カードを差し替える役に分かれての作業です。


【2日目 6/7】
2日目からは、毎朝監視職員が行っている、
展示室のガラス拭きを手伝ってもらいました。
角度を変えて見ることでガラス表面の指紋を見つけるなど、
コツも教えてもらったようです。

DSC_3343.jpg

DSC_3344.jpg


その後は、昨日に引き続き、収蔵資料の調査を行いました。
大きな絵を広げて採寸をしたり、
昔の人が書いた字を読んで調書に記入したり。

DSC_3351.jpg

上から紙が貼られて読みにくかった年号も、
角度を変えたり、光を当てたり、工夫して読んでくれました。

午後は、まず、夏休み期間に例年学校などに配布している、
ワークシートの発送準備をしてもらいました。
今回は、送り先を書いた短冊を切り分ける作業です。
手際よくこなしてくれました。

DSC_3374.jpg

それから、受付や監視など、来館者対応です。
この日は展示替期間のため企画展示室が閉まっていて、
さらに雨ということもあり、
来館される方が少なかったのですが…。

面掛仮面集合写真

DSC_3380.jpg


なんとか、チケットを切ったり、商品を手渡したりと、
お客様と接する仕事を経験できました。
みなさま、ご協力いただき、まことにありがとうございました。


【3日目 6/8】
最終日は、朝礼で、3日間の体験を終えるに当たっての挨拶をしました。

午前は、ガラス拭きの後、

DSC_3382.jpg

収蔵庫で、綿布団や梱包用の紐の整理と、掃除機かけです。
役割分担をして、テキパキと進めてくれました。

DSC_3385.jpg

DSC_3384.jpg

2人のおかげで、新しく資料をお預かりするためのスペースを
確保することができました。

その後、資材倉庫へ行き、10日(土)からの企画展で展示する、
写真パネルを作ってもらいました。

DSC_3391.jpg

印刷した写真を、空気が入らないように糊つきパネルに貼り付けて、
端をカッターでまっすぐに切っていきます。

出来具合を展示の担当者に見てもらい、OKが出ました。
床にパネルを並べて、実際に貼るところをイメージします。

DSC_3394.jpg


午後は、写真パネルの下に付けるキャプションと、タイトルパネルを切ります。

DSC_3397.jpg


さあ、いよいよ実際にパネルを展示します。

両面テープと養生をテープを組み合わせて、
壁に痕が残らないように、貼り付けます。

DSC_3411.jpg

メジャーで床からの距離を測り、なるべくパネルが曲がらないようにしています。

DSC_3412.jpg

自分たちで手順を考え、
協力して、かなり手際よく進めることができました。

DSC_3424.jpg
(最後の一枚)

パネルとキャプションを合せると全部で25枚。
この量を、最後までやりきってくれました。


2人に感想を聞いてみました(抜粋)。

「一番よかったことが、日本刀や火縄銃をもてたことです。(中略)
一番きつかったのが、展示作業や2日目の寄託資料調査・写真撮影作業です。
展示作業でメジャーで長さをはかったりするのが
難しかったけど楽しかったです。(中略)
収蔵庫などは、めったに見れないのでとてもよかったです。」

「特に楽しかったのは、収蔵庫の整理です。(中略)
3日目の午後の展示作業は、見ばえが良くなるように、
きちんと長さを全て均等にするのが大変でした。
職場体験を通して、博物館などに行った時、
普通に眺めていたポスター1つ1つが、
こんなに時間をかけて、ていねいに貼っていたと思うと、
仕事の大変さがよく分かりました。」

2人とも、3日間の体験から、たくさんのことを学んだようです。
また博物館に行ってみたい、とも言ってくれていました。

一生懸命仕事をしてくれたので、とっても疲れたと思います。
社会に出ても活躍されるだろうなあと思うお二人でした。
3日間ありがとうございました。

また、いつでも、博物館に遊びに来てくださいね。


(学芸員 袴田舞)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/792-9a0779c9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター