Entries

企画展「有田川中流域の仏教文化―重要文化財・安楽寺多宝小塔修理完成記念―」について

企画展 有田川中流域の仏教文化
―重要文化財・安楽寺多宝小塔修理完成記念―
平成29年(2017)1月21日(土)~3月5日(日)

 有田川町二川の安楽寺に伝来する安楽寺多宝小塔は、南北朝時代に建立された高さ2m9㎝の小さな塔です。外観、構造ともに屋外の多宝塔を正確に縮小して造られたもので、多宝小塔として日本で唯一、建造物として国の重要文化財に指定されています。平成27年度より修理が行われ、このたび建立当初の姿がよみがえりました。これを記念して、安楽寺多宝小塔を寺外で初めて展示公開します。
 安楽寺多宝小塔が伝わった有田川中流域は、かつて阿弖川荘(あてがわのしょう)とよばれ、京都・寂楽寺(白川寺喜多院)の荘園となった後、鎌倉時代末期以降は高野山の荘園となりました。こうした場に安楽寺多宝小塔が建立された歴史的意義を紐解くとともに、阿弖川荘の各地に伝わる優れた文化財を一堂に展示し、その仏教文化の魅力を紹介します。
※重要文化財1件、和歌山県指定文化財8件、有田川町指定文化財18件を含む、40件約60点の文化財を展示。

入館料 一般 280円(220円) 大学生 170円(140円) ※( )内は20名以上の団体料金。
      ※高校生以下、65歳以上、障害者、県内在学中の外国人留学生は無料。
主催:和歌山県立博物館 協力:(財)和歌山県文化財センター、有田川町教育委員会 後援:有田川町

博物館講座(会場:県立博物館2階学習室)
①「阿弖川荘の仏像と地域史」 2月12日(日) 13:30~15:00  
  講師:大河内智之(主査学芸員)
②「重要文化財安楽寺多宝小塔の保存修理とその成果」 2月18日(土) 13:30~15:00  
  講師:結城啓司氏(公益財団法人和歌山県文化財センター副主査) 
ミュージアムトーク(学芸員による展示解説、各回13:30~14:30)
  日時:1月29日(日)、2月4日(土)、3月4日(土)

有田川中流域の仏教文化チラシ表
有田川中流域の仏教文化チラシ裏
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/781-005c109d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター