Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/760-27f4bedf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「古今年代記」を読む(2)―比井廻船のはじまり―

前回に引き続いて「古今年代記」を読んでみます。
「古今年代記」には、比井廻船の始まりについても記されています。

nendaiki_01.jpg

(本文)
一比井ニ廻船ノ始リハ、宝永六己丑年比、摂州
 西ノ宮浦へ入込、夫より次第廻船相増候、夫迄ハ大坂
 ニ而仕立申候舟ハ〈中ノ松次郎茂太夫ノ船/西田覚大夫ノ明虎丸〉三艘歟候処、
 宝永六年ニ西宮ニ酒屋余程出来〈伊丹ヲ見習/酒造初申候由〉
 樽積問屋も初り申候ニ付、〈此時問屋とハ不申/支配と申候而掛り物無数候〉
 大坂よりハ諸掛り物無数勝手宜ニ付、入込候船ハ
 松次郎船也、覚太夫船と申候、夫より明虎丸・福寿丸
 是より段々廻船相増及数艘候、

(内容)
比井の廻船の始まりは、宝永6年(1709)ごろに、
摂津国西宮(兵庫県西宮市)の人が比井浦へ関わるようになり、
それ以来、次第に廻船が増えていった。
それまでは、大坂で船を仕立てていた船は
「中ノ松次郎茂大夫船」・「西田覚大夫明虎丸」などの三艘くらいあったところ、
宝永6年(1709)に西宮の酒屋が多く出てきて
(伊丹〈兵庫県伊丹市〉を見習って、酒造りをはじめたということらしい)、
酒樽を積む問屋も出て来たので
(この時は「問屋」といわず、「支配」と呼び、「掛り物」(付加税)がたくさんあった)、
大坂からは色々な「掛り物」が多くあり、(比井浦の方が)都合が良いと言うことで、
松次郎の船が比井浦へ入って来た。覚大夫の船もあった。
その後、明虎丸・福寿丸など段々と廻船が増え、比井浦の船は数艘になった。

以上がこの記録の概要です。
比井の廻船は宝永6年(1709)以来、
西宮の酒屋によって初められたことがわかります。
大坂では色々な「掛り物」があるため、
比井浦の廻船を仕立てたというのが理由のようです。
また、当時は三艘くらいで、徐々に廻船が増えていったようです。

hii.jpg
(現在の比井浦の風景)

さて、この記事について、ちょっと気になることがあります。
というのも、この宝永6年(1709)という年は、
宝永4年(1707)10月の津波からわずか約1年半後だということです。
「掛り物」(付加税)が理由ともありましたが、
もしかしたら災害復興ということもあったのではないか、
とみるのは少し考えすぎでしょうか?

さらにいえば、前々回のコラムでも触れましたが、
宝永4年(1707)の津波で広浦の波戸場は壊滅的な打撃を受け、
各地からの廻船も寄港できないような状態になっていました。
そのようななか注目されたのが、比井浦だったのかも知れません。
そして比井浦の廻船が始まった事で、
広浦の波戸場もしばらく(100年くらい)修築しなくても
廻船業者はなんとか船をまわすことができたのかもしれません。

時期が近接しているというだけで、それ以外に明確な根拠はないのですが、
もしこのような推測が的を射ているとするならば、
津波は、港町を中心とした地域の経済・流通構造を大きく変えた事件だったとも言えます。
そして、その際に西宮からの資本を得て復興を遂げたのかもしれません。

一見関係ないようなことであっても、
各地の海沿いの村・町の歴史とその変遷を関連づけながら
考えてみるのも大事なことかもしれません。


〈詳しく知りたい方ヘ〉
・上村雅洋「近世廻船業者の活動と在村形態―紀州日高郡薗家・村上家の場合―」『和歌山県史研究』8号(1981年)
・『日高町志』上巻(1977年)
・日高町教育委員会『日高町の文化財 第二号 特集比井若一王子の文化財』日高町教育委員会、1982年)
・『和歌山県史』近世史料五(1984年) p.846~864
       
                (学芸員 坂本亮太)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/760-27f4bedf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。