Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/742-e31bd5f7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2回目のわかやま城探検ツアーが行われました

7月18日(土)から企画展「わかやま城探検」が始まっています。
 
今日(23日)、6回目のミュージアム・トークを行いました。15人の参加がありました。

続いて、午前10時40分から、前回と同様に和歌山城の城郭研究の第一人者である水島大二先生を講師に、和歌山城内を歩きながら、随所随所で興味深いをお話を聞かせていただきました。30人の参加がありました。

コースは、県立博物館 → 不明門跡 → 砂の丸 → 鶴ノ渓 → 二の丸 → 中御門 → 二の丸 → 御橋廊下 → 西の丸 でした。

今日のコースを、江戸時代後期に作成された和歌山城御城内惣御絵図(和歌山県立図書館蔵)と対比しながら、紹介します。

DSCN0075 不開門付近の高石垣 スライド1 
不明門跡付近の高石垣です。

DSCN0077 新裏坂登り口 スライド2
 新裏坂は江戸時代にはなかったので、絵図には描かれていません。

スライド3 DSCN0083 砂の丸南部
                 この辺りの石垣には、たくさんの「刻印」がみられます。

スライド4 DSCN0090 鶴の渓① DSCN0091 鶴の渓②
   浅野時代は、この辺りで鶴を飼っていたといわれています。

DSCN0104 御橋廊下 スライド5
 御橋廊下は、2006年に復元されました。

スライド6 DSCN0109 二の丸(大奥)
              二の丸には御殿が建てられ、西側に大奥がありました。

DSCN0113 裏坂登り口(御番所前御門跡) スライド7
天守閣への登り口の1つ(裏坂)で、御番所前御門がありました。

DSCN0119 二の丸(表)付近の石垣 防空壕跡① DSCN0122 二の丸(表)付近の石垣 防空壕跡② スライド8
野面積みの石垣が続きます。なかに窪みがあるのは、防空壕が作られた痕跡のようです。

スライド9 DSCN0127 中御門跡
      切り込みハギと呼ばれる石垣の積み方です。ここに「一中御門」と呼ばれる門がありました。

DSCN0134 月見櫓跡 スライド10
ここに、「月見櫓」と呼ばれる建物がありました。

スライド11 DSCN0144 二の丸(大奥)
          大奥があった場所です。ここに、昔、県立博物館がありました。

DSCN0149 御橋廊下内部 スライド12
御橋廊下の内部です。

スライド13 DSCN0155 西の丸南部(紅葉渓庭園)
      初代藩主徳川頼宣は、ここで隠居生活を送ったといわれています。

DSCN0162 西の丸北部 スライド14
この辺りで、11代藩主徳川斉順(なりゆき)は、御庭焼(清寧軒〈せいねいけん〉)を焼かせていたようです。
西の丸の一角に、和歌山城歴史資料館が9月にオープンするようです。

企画展は9月6日までです。
ぜひ、博物館にお越しください。

(主任学芸員 前田正明)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/742-e31bd5f7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。