Entries

企画展「きのくに・漢詩の世界」のコラム第4回

芝仙延年図(しせんえんねんず)
 野呂介石筆(のろかいせきひつ)  1幅

文化2年(1805) 和歌山県立博物館蔵

555芝仙延年図

 芝仙延年とは、霊芝・松・岩を描いて、長寿を寓意した画題である。この作品は、田辺藩の儒学者・宮所雄水(みやとこゆうすい)の80歳の長寿を祝って、野呂介石が絵を描いて雄水へ贈った作品で、雄水の子孫の家に伝来したもの。余白には、山本楽所(らくしょ)・川合春川(しゅんせん)ら、6人の紀伊藩の儒学者や文人が、松と長寿をテーマとした自作の漢詩をそれぞれ寄せ書きしている。(学芸課長:竹中康彦)


企画展「きのくに・漢詩の世界」は、6月13日(土)~7月12日(日)まで 
詳細は、こちら→ 企画展「きのくに・漢詩の世界」
博物館HP   →  和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/734-2d6f97da

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター