Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/733-def15fd4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

企画展「きのくに・漢詩の世界」のコラム第3回

七絶詩書「若浦新咏」(しちぜつししょ わかのうらしんえい)
 菊池海荘筆(きくちかいそうひつ)  1幅

明治6年(1873) 和歌山県立博物館蔵

554七絶詩書(菊池海荘筆)147


 栖原村(現在の湯浅町)出身で、幕末〜明治前期に活躍した、詩人・菊池海荘(1799〜1881)による七言絶句の書である。冬の和歌浦を描写した作品で、海上の舟から紀州東照宮を遠く望んで、その情景をあらわしている。冬の嵐が、東照宮の鎮座する権現山を吹きすさび、松柏を揺り動かすが、舟の上だけぽっかりと晴れた、この季節特有の天候の変わりやすさを表現している。(学芸課長:竹中康彦)


企画展「きのくに・漢詩の世界」は、6月13日(土)~7月12日(日)まで 
詳細は、こちら→ 企画展「きのくに・漢詩の世界」
博物館HP   →  和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/733-def15fd4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。