Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/695-5b2c58bb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

連続講座「紀州の文人画研究の過去・現在・未来―南海・玉洲・介石を中心に―」が開催されました

本日、9月28日は、
和歌山県立博物館 新館開館20周年記念イベント
連続講座 ここまでわかった!きのくにの歩みの2回目

紀州の文人画研究の過去・現在・未来
―南海・玉洲・介石を中心に―


がおこなわれました。

天候にも恵まれ、講座への参加者は21名でした。
博物館講座のようすは、こんな感じです。
(以下、いずれも画像をクリックすると拡大します)
2014-09-28 博物館講座1 2014-09-28 博物館講座2

2014-09-28 博物館講座3 2014-09-28 博物館講座4

2014-09-28 博物館講座5 2014-09-28 博物館講座6

みなさま、ご参加いただき、ありがとうございました。

博物館のこれまで歴史の中で、紀州の文人画家、とりわけ祇園南海と桑山玉洲と野呂介石という紀州三大文人画家について、どのような展覧会を開き、どのような研究成果をあげてきたのかについて、時系列にそって、ご紹介いたしました。

また、博物館講座の後は、現在開催中の企画展
江戸時代の紀州の画家たちで展示している
南海や玉洲や介石の作品についても、少し展示解説をして、補足説明いたしました。
2014-09-28 博物館講座 トーク7 2014-09-28 博物館講座 トーク8

今回の企画展では、ごく最近発見された南海や玉洲や介石の作品を積極的に公開しており、
最新の文人画家の研究成果を反映した展示となっております。
それらの新出作品について、少し細かく説明し、紀州三大文人画家の研究史のおける位置づけと意義をお話しました。

今回の博物館講座との関連ではもちろんですが、展覧会としても、今回の企画展では、最新の研究成果を反映して、それらを積極的に公開したものです。紀州の画家についてご興味のある方は、ぜひ、お立ち寄りください。

展覧会は、2014年10月10日(日)までです。
(学芸員 安永拓世)

江戸時代の紀州の画家たち
和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/695-5b2c58bb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。