Entries

企画展「新収蔵品展」のコラム第4回

紫陽花図 松丘筆  1幅
(あじさいず)

江戸時代 18〜19世紀 和歌山県立博物館蔵

紫陽花図

 江戸時代後期に、和歌山城下で活躍した画僧・松丘(しょうきゅう)による、アジサイを描いた作品である。岩の間から生えたアジサイの花や葉を、独特な表現で描いている。上の方に伸びた枯れ枝で、画面のバランスを保っている。松丘は、吹上寺(すいじょうじ)の住職で、アジサイを好んで描いたことから、「紫陽花和尚」と呼ばれていた。

企画展「新収蔵品展」は、3月8日(金)~4月20日(日)まで 
詳細は、こちら→ 企画展「新収蔵品展」
博物館HP   →  和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/643-878f66b6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター