Entries

企画展「新収蔵品展」のコラム第2回

心の双紙(こころのそうし)  1巻

江戸時代 天保5年(1834) 和歌山県立博物館蔵

心の双紙


 江戸時代中期の「寛政の治」(かんせいのち)で知られる松平定信は、多くの著作を残した文人でもあった。この資料は、人間の心には表裏があることを戒めたもので、11の物語を絵と詞書(ことばがき)で示しており、心の中の姿が、吹き出しのように表されているのが特徴的である。かつて、紀伊徳川家の南葵(なんき)文庫に所蔵されていた写本である。

企画展「新収蔵品展」は、3月8日(金)~4月20日(日)まで 
詳細は、こちら→ 企画展「新収蔵品展」
博物館HP   →  和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/640-2d72d4d2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター