Entries

企画展「新収蔵品展」のコラム第1回

四社明神像(ししゃみょうじんぞう)  1幅

   江戸時代前期 和歌山県立博物館蔵

四社明神像

 高野山の守護神は、それまでの丹生(にゅう)明神と高野(こうや)明神に、鎌倉時代からは気比(けひ)明神と厳島(いつくしま)明神が加えられて、「四所(ししょ)明神」と呼ばれるようになった。この4神をあわせて描いた絵画は、それぞれの神がついたての付いた腰掛けに座った姿で描かれる。弘法大師を高野山へ案内したとされる、黒白2匹の犬も社殿の外側にみられる。

企画展「新収蔵品展」は、3月8日(金)~4月20日(日)まで 
詳細は、こちら→ 企画展「新収蔵品展」
博物館HP   →  和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/639-0f6d7faa

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター