Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/560-cd505cf1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

春の特別展「桑山玉洲のアトリエ」展のチラシ公開

博物館の今年の春の特別展

桑山玉洲のアトリエ
―紀州三大文人画家の一人、その制作現場に迫る―

のチラシができあがりました。

「玉洲のアトリエ」チラシ表(小) 「玉洲のアトリエ」チラシ裏(小)
チラシ表                    チラシ裏
(画像をクリックすると拡大します)

今回の展覧会は、
江戸時代の紀州を代表する文人画家の一人である、
桑山玉洲(くわやまぎょくしゅう、1746~99)が、
集めた絵使った画材道具を、玉洲の代表作とともに展示します。

会期は
平成25年(2013)4月27日(土)~6月2日(日)です。

近年、玉洲が所蔵していた中国の書画や、玉洲が使っていた画材道具やハンコが、
玉洲とゆかりの深い旧家から一括で発見されました。

発見された中国の絵からは、玉洲が参考にした元ネタがたくさん見つかりました。
今回は、元ネタにした中国の絵と、そっくり写した玉洲の絵並べて展示します。

また、玉洲が使っていた画材道具の中には、
使いかけの墨や筆、絵皿や絵の具も見つかりました。
まさに、制作現場のタイムカプセルです。

もちろん、玉洲の代表作も、あわせて展示しています。

200年前の画家のアトリエを、のぞいてみましょう!

会期中には、大幅な展示替えも予定されています。
前期:4月27日~5月12日   後期:5月14日~6月2日

今回の展覧会で初公開のものもたくさんありますし、
古くからよく知られている玉洲の名品も公開されます。
大作の襖絵や屏風も見どころの一つです。

ぜひ、この機会をお見逃しなく

展覧会のくわしい情報は、近日、博物館のホームページ上で公開する予定です。(学芸員 安永拓世)


→和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/560-cd505cf1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。