Entries

2月11日にフォーラムを開催します

和歌山県立博物館では、下記の要領で、フォーラムを開催します。
会場は、和歌山県田辺市にある和歌山県立情報交流センターBig・Uです。
ご参加をお待ちしています。

フォーラム「来たるべき〝南海大震災〟に備えて
                   ―過去からの警鐘に学ぶ―」


 このフォーラムでは、昨年、和歌山県立博物館で開催した特別展『災害と文化財 ―歴史を語る文化財の保全―』と、その後継続して取り組んでいる災害記念碑の調査で明らかになった成果を報告します。
併せて、「災害モニュメントを活かした災害に強いまちづくりの研究」プロジェクト(松下正和氏・木村修二氏)による、記念碑に刻まれた記憶を後世に伝えようとする他府県の取組、津波警告板を含めた白浜町富田地区に残る「災害の記憶」に関わる現地調査の成果も報告していただきます。
 パネルディスカッションでは、津波警告板を活用した富田小学校の取組を紹介していただき、参加者のみなさんとともに、各地に残る災害記念碑などを活かした防災教育、地域防災のあり方について考えてみたいと思います。

和歌山県指定史跡 深専寺「大地震津波心得の記」碑 津波警告板(表・部分、日神社蔵)

 <左> 和歌山県指定史跡 深専寺「大地震津波心得の記」深専寺蔵
 <右> 和歌山県指定有形民俗文化財 津波警告板(部分) 日神社蔵


 1 日時   平成25年(2013)2月11日(月・祝) 13時30分~16時40分
 2 場所   和歌山県立情報交流センターBig・U 多目的ホール
          (和歌山県田辺市新庄町3353-9 ℡0739-26-4111)
 3 主催   和歌山県教育委員会
 4 協力   白浜町教育委員会
       「災害モニュメントを活かした災害に強いまちづくりの研究」プロジェクト
 5 その他  申し込み不要、参加費無料
 問い合わせ 和歌山県立博物館 073-436-8670

                (タイム・テーブル)
【基調報告】
  和歌山県域に残る災害記念碑の所在調査から明らかになったこと
                       和歌山県立博物館主任学芸員 前田 正明
【報 告】
  Ⅰ 太平洋沿岸地区における津波記念碑を活かした自主防災組織の取組に学ぶ
                        近大姫路大学教育学部講師 松下 正和
  Ⅱ 「津波警告板」を中心とした白浜町富田地区周辺に残る災害関係資料から学ぶ
            神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター研究員 木村 修二
【パネルディスカッション】
 テーマ:過去からの警鐘をこれからの取組に生かす
  報告: 文化財「津波警告板」を活用した学校におけるこれまでの取組と今後について
                         白浜町立富田小学校教諭 前 真理
     パネラー            報告者(前田正明・松下正和・木村修二・前 真理)
     コーディネーター               和歌山県立博物館副館長 府中 恵理
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/555-b7d55eb4

0件のトラックバック

2件のコメント

[C191] 災害記念碑の講演

出席するつもりが、私用で出来なくなった。

夜、NHKの関西版のテレビの放映で前田学芸員を紹介し、答えてる姿を見ましたよ。

[C189] 津波

東日本大震災後、広川町にある「稲むらの舘」を
見学しました。
3Dのシアターがあり地震と津波を擬似体験しました。映像の進化で本当のような地震と津波、

見ごたえがあると同時に「備え」の必要生を改めで知る。
帰り「深専寺」を参拝。地元の人は津波より
神木である。楠木、漁をした帰りこの木を目当てに港へと帰路したという。
またチリの地震による津波が恐かったと言ってました。地震の情報を聞き、先ずは高いところに
逃げることですね。この辺りは湯浅城と言ってました。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター