Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/546-841e222d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C183] 火鉢

我が家に陶器の火鉢が残ってます。
子供の頃に正月に炭火で金網に丸餅を焼いて醤油をつけ食べました。絶品。暖をとるのに周囲が寒いので暖かさが一層実感した記憶があります。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第33回マイミュージアムギャラリー「寄り合いの輪と和-火鉢とともに-」

和歌山県立博物館友の会マイミュージアムギャラリー
第33回展示 「寄り合いの輪と和-火鉢とともに-」
【出 陳 者】 白井陽子
【展示期間】 平成24年12月22日(土)~平成25年3月15日(金)
【出陳資料】 黒漆塗沈金鶴文火鉢 近代(20世紀)
沈金鶴文火鉢 
【資料をめぐる思い出】
「住む人のいなくなった実家を片付けていて、陶器製の湯たんぽと一緒に、この火鉢を見つけました。
 昭和30年代、池の水の配分や用水路の管理をはじめ、村内での取り決めを話し合うための常会が、年に何度か当番の人の家で開かれました。
 常会が我が家で開かれたのは、冬のことでした。20数軒の村でしたが、その日、母は、朝から掃除と座布団干し等に忙しく、子どもの私も、今夜、常会が私の家で開かれることを伝えに、家々を回ったことを覚えています。
 火鉢は複数用意されました。夜になると、野良仕事を終えた村の人たちがそれぞれの家から集まって来ます。かいろ灰に火をつけて懐を温めた頃のことで、火鉢は暖をとるのに欠かせません。
 話し合いは、火鉢を囲んで日付けが替わる頃まで行われました。常会の最中は、私と弟は隣の部屋で静かにしていました。煙草の煙が欄間を抜けて部屋中に広がり、そのにおいは翌日も残っていました。
 毎年12月には、のっぺい汁などを囲んで、入会山の税金を分担し合うカンジョウ講が開かれた時も、火鉢は活躍しました。
 先人たちが寄り合いで積み上げてきた村内のルールは定着し、今では、設備の整った自治会館で、毎年一回寄り合いが開かれているようです。」

【学芸員の一口メモ】
 火鉢は、灰を入れ、その中におこした炭火を入れて、手を暖めたり、湯を沸かしたりするのに用いる道具です。
 素材は、木製・金属製・陶製・瓦製・土製・石製など多種多様です。形も丸い物が一般的ですが、四角い長火鉢などもあります。
 豪華なものでは、総体を漆塗りとして、蒔絵などで装飾するものがあります。展示している鶴文火鉢は、扇文火鉢とセットになっており、どちらもおめでたい図柄であるので、主に正月などの慶事に使用したものかもしれません。
 なお、博物館の常設展示室内、中世2のコーナーでは、根来寺遺跡から出土した、戦国時代の瓦製火鉢と鉄火箸を展示しています。あわせてご覧下さい。
根来寺遺跡出土火鉢
瓦製火鉢・鉄火箸(根来寺遺跡出土) 戦国時代
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/546-841e222d

0件のトラックバック

1件のコメント

[C183] 火鉢

我が家に陶器の火鉢が残ってます。
子供の頃に正月に炭火で金網に丸餅を焼いて醤油をつけ食べました。絶品。暖をとるのに周囲が寒いので暖かさが一層実感した記憶があります。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。