Entries

みる?きく! むかしばなしと展示解説

企画展「きのくにのむかしばなし」では、
展示にあわせて、計6回、絵本の読み聞かせ会(「みる?きく!むかしばなし」)を行います。

7月22日(日)に、第1回目の「みる?きく!むかしばなし」を行いました。
参加者は10数人、うち小中学生3人でした。
まだオープン2日目ということもあり、
十分に広報が行き届いてないためか、
対象としたお子さんの数は少なく、
大人に絵本を読み聞かせることになりました。。。

D3A_3964.jpg

D3A_3969.jpg

D3A_3975.jpg

本日は、当館副館長による読み聞かせを行いました。

①にんじんとごぼうとだいこん
②空海の話
③くまののかみさま

の3本立てです。
大型絵本、紙芝居、プロジェクターによるスライドショー、
さらには展示室では絵巻物、
と現代版の絵本から、昔の絵本(絵巻物)まで、
いろいろな種類の絵本、読み聞かせを
体験していただけたのではないかと思います。


次に展示解説をさせていただきました。

D3A_3986.jpg

こちらも10人ほどの参加でした。
ご参加いただいたかたありがとうございます。
空海や熊野の神様の絵巻物など、
絵本と絵巻をあわせて見ていただけたので、
より理解が深まったのではないかと思います。

とはいえ、子ども向け企画展と銘うちながら、
実際は大人の来館者が多いというのは予想外ですが、
是非、お子さん、お孫さん、また近所の子ども達に
昔話を語っていただく「ネタ」集めに、
博物館にご来館いただけたらと思います。
また、お子さん、お孫さんと連れだって
もう一度ご来館いただけましたら、なおありがたいですが。。。


次回の読み聞かせは、29日(日)です。
この日は県立図書館司書による絵本の読み聞かせです。
なお、この日は展示解説はありませんので、ご注意ください。

(学芸員 坂本亮太)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/505-9353af90

0件のトラックバック

1件のコメント

[C136] きく・みる

リーダーが説明され共感しました。

空海の件につきエピソード。

若いころ、司馬遼太郎さんの「空海」を読み始めた。
その本を電車の網棚に忘れたことを思いだす。

最近、五木 寛之著「親鸞」
  空海と重ねあわすところがあった。
  大学より散策、今では体験するということか?
  • 2012-07-24
  • 西尾 利夫
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター