Entries

コラム「徳川家康のハンコ」

今回は、古文書(こもんじょ)に押されたハンコについてご紹介しましょう。

古い時代の日本におけるハンコは、中国の影響でもたらされ、国や地域の公文書に公印(こういん)として押されました。そのため、文書が改変されたりしないように、文字が書かれた部分全てにハンコを押した例もあります。
しかし、こうしたハンコは公式の場で用いられる特別なものであったため、一般にはあまり普及せず、個人がハンコを持ったり使ったりすることは少なかったようです。
その結果、中世までは「花押(かおう)」というサインの一種が、自署の証明となりました。
小早川家年寄衆連署知行方目録写 花押部分 個人蔵(小)(花押の例)
しかし、中世の終わりごろになると、個人にもハンコが普及しはじめ、武将などがハンコを使うようになります。
一方、ハンコを持たない庶民は、筆の軸の後ろをハンコ代わりに押した「筆印(ふでいん)」を使ったりもしました。
永代売渡申田地之事 筆印部分 館蔵261(小)(筆印の例)
また、こうした古文書に押されたハンコには、朱印(しゅいん)と黒印(こくいん)があり、
惣八年季奉公証文 署名捺印部分 館蔵567(黒印の例)
朱印の方が格式の高いハンコとされました。


次に紹介する文書は、徳川家康(とくがわいえやす、1542-1616)が家臣に領地を与えたときに発行された文書で、家康の朱印が押されています。

徳川家康領地朱印状(芦川家文書のうち) 和歌山県立博物館蔵(小)

徳川家康領地朱印状(とくがわいえやすりょうちしゅいんじょう)
  (芦川家文書(あしかわけもんじょ)のうち)

紙本墨書
縦46.0㎝ 横63.5㎝
慶長11年(1606)
和歌山県立博物館蔵

この文書は、徳川家康が芦川甚五兵衛公吉(あしかわじんごべえきみよし)に常陸国(ひたちのくに、現在の茨城県)にある200石の領地を与えた記録です。
のちに紀伊藩主となる徳川頼宣(とくがわよりのぶ、1602-71)は、慶長8年(1603)に家康から常陸国20万石を与えられました。そのとき、頼宣の家臣団を強化するために、家康の家臣が頼宣に付けられています。芦川家もそうした家臣の一つです。
日付の下に押されているのが家康のハンコで、「恕家康(じょいえやす)」と彫られています。「恕(じょ)」とは「許す」という意味で、家康はハンコによく「恕」の字を使いました。
徳川家康朱印状 「恕家康」(陽文重郭楕円印) 館蔵606(小)
こうしたハンコが押されていることにより、家康がたしかに領地を与えたという証拠となったのです。

【翻字】
  常陸国那賀郡之内柳津村之内百石、
  上国井村之内九拾石、中根村之内拾石、合
  弐百石、右宛行訖、全可領知者也
   慶長拾一年二月廿四日「恕家康」(陽文重郭楕円印)
        蘆川甚五兵衛とのへ


このような、個人が使用するハンコは、江戸時代に入ると急速に広まり、庶民も個人のハンコを使うようになっていきました。
古文書に押されたハンコを通して、自署や、その証明の歴史を見てみるのも、おもしろいのではないでしょうか。(学芸員 安永拓世)


企画展 ハンコって何?
和歌山県立博物館ウェブサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/421-52a84477

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター