Entries

和歌山大学学生が作成した新編道成寺縁起発表会

和歌山大学学生が作成した新編道成寺縁起発表会 
平成22年(2010)12月12日(日) 13:30?15:30
 主催:和歌山県立博物館 協力:和歌山大学教育学部
 会場:和歌山県立近代美術館(博物館となり)2階ホール

 安珍・清姫の物語で著名な道成寺縁起。熊野への旅の途中、宿を借りた安珍という僧が清姫に恋(れん)慕(ぼ)され、うそをついて逃げ出したものの、次第に蛇の姿となって追いかける清姫に追いつかれ、道成寺の鐘の中に逃げ込んだが焼き殺された、というストーリーです。
 人の心のなかにひそむさまざまな感情の暴走を、蛇への変身という比喩で絶妙にあらわした道成寺縁起は、長く語り継がれ、能や歌舞伎、浄瑠璃などの題材ともなっています。
 今回の発表会では和歌山大学教育学部生が、道成寺縁起の「蛇への変身」という衝撃のシーンを生かして、現代社会をとりまく様々な問題を題材にして作った新編道成寺縁起の絵解きを、紙芝居形式により実演します。
 道成寺縁起が持つ生き生きとした魅力を、新たな視点から見いだしていただく機会となりましたら幸いです。

【内容】
  ?道成寺縁起「千年祭」台本による実演(昭和初期以前成立の古い台本)
   出演:和歌山大学教育学部「日本史研究入門」受講生
  ?新編道成寺縁起の実演
  その1 道成寺縁起2010生命編(テーマ:いのちの重さ)
  その2 道成寺縁起2010恋愛編(テーマ:コンプレックス)
  その3 道成寺縁起2010環境編(テーマ:自然との共生)
  その4 道成寺縁起2010学校生活編(テーマ:いじめ)
   出演:和歌山大学教育学部「地域コミュニケータ論」受講生
 ?解説とアピール「文化財を盗難から守るために」
  海津一朗(和歌山大学教育学部教授)
  吉村旭輝(和歌山大学紀州経済史文化史研究所学芸員)
  大河内智之(和歌山県立博物館学芸員)

※終了後、博物館で開催中の企画展「「文化財」の基礎知識―緊急アピール・文化財の盗難多 発中!」の展示解説(約1時間)を行います。ご参加にあたっては入館料が必要です。

・企画展「「文化財」の基礎知識―緊急アピール・文化財の盗難多発中!」(11月13日?平成23年1月10日)
→和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/313-067a8654

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター