Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/285-e0bb14f9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ミュージアムトークを行いました(2)

 今日(10日)、午後1時30分から、ミュージアムトークを行い、10人の方に参加していただきました。

IMG_4320.jpg
(金剛力士像の前での展示説明)

IMG_4276.jpg IMG_4271.jpg 
(金剛力士像の展示風景)

金剛力士像 銘文
(金剛力士像方座底面の墨書銘)

摧薪録〈部分〉 摧薪録〈部分〉 釈文 (摧薪録〈部分〉、安楽寿院蔵)

 摧薪録には、この康正(1534?1621)作とされる金剛力士像(安楽寿院蔵)にかかわる逸話がのせられています。
それによれば、昔、覚栄(??1622)が高野山で金剛力士像を造らせたことがあり、安楽寿院にある「五十分ノ一像」の模像はこの金剛力士像と関係する、と記されています。

高野春秋 (高野春秋の慶長9年6月21日条)

 確かに、高野春秋には、慶長9年(1604)に高野山大門の落慶供養が行われた記事があり、願主は竹田遍照院覚栄で、作者として康正のほか七条仏師の名前が記されています。

仏師系図 仏師系図(釈文) (本朝大仏師正統系図幷末流〈部分〉、京都国立博物館蔵)

 本朝大仏師正統系図幷末流の康正の項にも「慶長九年甲辰四月高野大門二王一丈六尺」とあり、康正が大門の仁王像制作にかかわっていることが記されています。
したがって、摧薪録に記された逸話はまったくの創作話ともいえないようです。

 この金剛力士像が制作される背景として、覚栄が勧進する際に使用する雛形として、康正が制作したものである可能性も指摘されており、仮にそうであるならば、覚栄と康正(七条仏師)との親密な関係を示す貴重な物的証拠といえるでしょう。

20101010151436_00001.jpg 簡単キャプ
 (【解説】)                    (【かんたん解説】)

 なお、展示品には、すべての展示品につけた【解説】のほか、17か所には【かんたん解説】もつけています。

 覚栄と七条仏師康正については、特別展図録に、当館大河内学芸員執筆のコラム(「覚栄と七条仏師康正」)が掲載されていますので、あわせてご覧ください。

 明日(11日)の午後1時30分から、博物館のとなりの近代美術館の2階ホールで、博物館講座「悪党が去ったあとの?あらかわ?」(講師・当館学芸員坂本亮太)を行います。事前の申し込みは要りませんので、振るって、ご参加ください。なお、講演会終了後に、ミュージアムトークも行います。
(主任学芸員 前田正明)

→和歌山県立博物館ウェブサイト
→特別展 京都・安楽寿院と紀州・?あらかわ?
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/285-e0bb14f9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。