Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/268-e51eb931

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

コラム 江戸時代のくらしと活躍した人々(5)

【第5回】梅椿図 徳川光貞筆(うめつばきず とくがわみつさだひつ)

【第5回】梅椿図 徳川光貞筆(軽)
                       1幅
                    紙本著色
          江戸時代(17?18世紀)
             縦31.4? 横50.7?
             和歌山県立博物館蔵

紀伊藩2代藩主の徳川光貞(とくがわみつさだ、1626?1705)は、絵を描くのが得意だったようで、いくつかの絵画作品を残しています。この絵は、光貞の署名などはないものの、絵の裏に書かれた銘文(めいぶん)から、光貞が粉河へ鹿狩(しかがり)に行ったとき、雨が降りだしたため、上丹生谷村(かみにうむら)の山中勘右衛門(やまなかかんえもん)という人物の家で雨宿りし、そこで描いた作品であることがわかるものです。団扇形(だんせんがた)で、画面向かって右側には白梅を配し、中央から左側にかけては紅白の椿を描いています。いずれも簡単な筆致であることから、銘文の通り、短時間で制作されたものでしょう。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/268-e51eb931

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。