Entries

博物館実習2010(1日目)

本日8月3日から8月8日までの6日間、博物館では、大学などで学芸員資格の取得を希望する人を対象に、博物館における学芸員の仕事や、学芸員として必要な技術や素養を実際に身につけてもらうための「博物館実習」がおこなわれます。

和歌山県立博物館では、原則として、和歌山市を除く和歌山県内の出身者で、博物館実習の受講に必要な単位をすでに取得し、歴史系・美術系の総合博物館での博物館実習を希望する人を、博物館実習生として、毎年数名程度、受け入れています。

今年は、大阪府立大学から1名、大谷大学から1名、京都女子大学から1名、神戸大学から1名、和歌山大学から1名で、計5名の学生さんを受け入れました。

今回の博物館ニュースでは、その博物館実習のようすを、ご紹介しましょう。

本日は、その博物館実習の初日。

まずは、9:00に博物館へ集合し、
その後、9:30からはオリエンテーション。
IMG_3187.jpg

10:30から12:00までは、和歌山県立博物館についての概要説明。
IMG_3194.jpg

昼食をはさんで
13:00からは、常設展示室・企画展示室の説明
IMG_3209.jpg DSC_4685.jpg

続いて、14:30から16:00ごろまでは、博物館の裏側をじっくり施設見学。
まずは、学芸員室。
写真なども保管されています。
IMG_3229.jpg

次に、展示準備室。
展示する際に必要なさまざまな展示器具が。
IMG_3238.jpg IMG_3235.jpg

空調機械室。
収蔵庫や展示室などの各部屋に温湿度の調整された空気を送っています。
IMG_3240.jpg

資料が搬入される搬出入口。
IMG_3244.jpg

害虫などを駆除するための燻蒸庫。
IMG_3246.jpg

続いて、収蔵庫へ入って、
館蔵品など、さまざまな種類の文化財を収蔵する、一般収蔵庫。
IMG_3257.jpg IMG_3262.jpg

指定品などの文化財を収蔵する、特別収蔵庫?。
IMG_3267.jpg IMG_3272.jpg
IMG_3279.jpg IMG_3276.jpg

根来塗や仮面などの漆工品を収蔵する、特別収蔵庫?。
IMG_3289.jpg

鏡や刀剣などの金工品を収蔵する、特別収蔵庫?。
IMG_3296.jpg

博物館全体の温湿度や空調の管理などを一括しておこなっている、中央監視室。
IMG_3303.jpg IMG_3311.jpg
IMG_3318.jpg

最後に、「収蔵庫はどうやって掃除するんですか?」という、とてもよい質問があったので、実際に収蔵庫の掃除を少しだけ体験してもらいました。
IMG_3328.jpg IMG_3331.jpg
収蔵庫では、掃除機の排気口から汚れた空気を出さないように、壁にホースをつないでホコリを吸い取る排気口のない特別な掃除機を使用しています。

そうこうしているうちに、16:30となり、実習の1日目は終了。
明日からは、実際に資料の取り扱いや、展示の方法などについても学んでいく予定です。

実習生のみなさん、6日間、頑張りましょう。(学芸員 安永拓世)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/248-81491c23

0件のトラックバック

2件のコメント

[C78] 色々な視点で。

博物館の学芸員が、どんなところで、何をして働いているのかということは、一般にはあまり知られていない部分もあるでしょうから。
実習生の視点を通して、博物館の色々な側面を知ってもらえればと思っています。
いつもコメントありがとうございます。
  • 2010-08-04
  • 和歌山県立博物館
  • URL
  • 編集

[C77] いいですね。

普段、知らない博物館の様子が実習生を通して知ることが出来るようなブログですね。
  • 2010-08-03
  • TakaakiKAUFFMAN
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター