Entries

5回目のミュージアムトーク(展示解説)をおこないました

本日は、「新発見・新指定の文化財」展の
5回目のミュージアムトーク(展示解説)を開催しました。

近隣の桜はすでに散り始めていますが、
天候に恵まれたせいもあって、
意外に散りきらずに残っている桜も多く、
お花見日和ももう少し続きそうです。

今回のミュージアムトークへのご参加者は10名。

いつもながら、こじんまりしたトークではありますが、
みなさん、熱心に聴いて頂き、
担当する学芸員としても、楽しいひとときとなりました。

トークの風景はこんな感じです。
DSC02085.jpg DSC02092.jpg
DSC02096.jpg DSC02101.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

今日は、トーク終了後に、
桑山玉洲(くわやまぎょくしゅう、1746?99)の屏風や襖絵が所蔵されている
念誓寺というお寺についてのご質問もありました。

この念誓寺に所蔵されている屏風については、
前回のコラム
桑山玉洲の傑作 那智滝と橋杭岩の屏風
で少しご紹介しましたが、襖絵については、
また次のコラム
桑山玉洲の襖絵 富岳図・山水図襖はどこにあったのか?
で、ご紹介したいと思います。
あわせてご参照ください。

なお、「新発見・新指定の文化財」展のミュージアムトークは
これで、すべて終了いたしました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

展覧会は、4月18日まで続きます。

また、ミュージアムトークでお話ししていたような
新発見資料の裏話などを
この博物館ニュースのコラムでご紹介していく予定です。
ぜひ、お楽しみに。(学芸員 安永拓世)

企画展 「新発見・新指定の文化財」
和歌山県立博物館ウェブサイト


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/209-3b9bfc64

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター