Entries

3回目のミュージアムトーク(展示解説)をおこないました

本日は、「新発見・新指定の文化財」展の
3回目のミュージアムトーク(展示解説)を開催しました。

先週は冷たい雨にみまわれましたが
ここ数日は晴れた日が続いたせいでしょうか
近くの和歌山城などでは、
桜の花も咲き始め、
少しずつ、来館者の数も増え始めています。

今回のミュージアムトークへのご参加者は6名でした。
お昼時の暖かい時間帯は、桜をご覧になる方が多いようですが、
そんな中、みなさまトークにおつきあいくださり
ほんとうに、ありがとうございました。

トークの風景はこんな感じです。
007_20100328174901.jpg 003_20100328174853.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

今日は、1回目のミュージアムトークに参加された方が、
再びトークに参加されていて、
こちらも少しびっくりいたしました。

同じ展覧会のトークということで、
内容も似通ったものになりますから、
2度目の参加者には申し訳ないと思っていたのですが、
トーク終了後にお話しを伺ってみると、
意外にも、少しずつトークの内容や取り上げる作品も異なっていて、
楽しめたとおっしゃっていただけました。

考えてみれば、担当する私も人間ですから、
当然、毎回同じことをお話しできるわけではありません。
その意味では、未完成で不充分なトークなのかもしれませんが、
トークをしていて、それこそ「新発見」することもありますし、
ご来館者のご質問やご興味にそって、
トークが進行していく場合もあります。

こうした学芸員の生の声をお伝えできることが
ある意味では、
ミュージアムトークの魅力ではないかと思ったりもしています。

ぜひ、一度ご参加された方でも
二度目のミュージアムトークに参加してみてはいかがですか?
みなさまにとっても、「新たな発見」につながるかもしれません。

今後のミュージアムトークの予定は、

4月3日(土)、4月11日(日)

の、計2回です。

時間はいずれも、13:30?14:30です。

これからは、お花見も本番です。
お花見帰りに、あるいは夜桜の前に、
ちょっと博物館に立ち寄って、
トークを聞いてみてはいかがですか?
(学芸員 安永拓世)


企画展 「新発見・新指定の文化財」
和歌山県立博物館ウェブサイト


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/205-8cf38009

0件のトラックバック

1件のコメント

[C65] やまちゃん

1回目に続き2回目の解説に参加させて頂いた者です。
びっくりさせてしまったようですね。すみません。
でもお話は面白かったですよ。参加して本当に良かったです。
そして、色々質問にも丁寧に答えて下さり、ありがとうございました。
最近の博物館の展示内容は、今まで余りスポットの当たらないものを取り上げ
ているのが、とても良い点です。

展示解説に行かせて頂いて、いつも感じることは、私を含めて、リピーターの
方が目立つことです。「あの男性の方は、この間の特別・企画展にも来られてい
たなあ」と。
やはり、「地元の歴史を知りたい」という潜在的なニーズ(?)は和歌山県人は
とても高いのではないかと感じております。
その潜在的なニーズを充たしてくれるのが、博物館ではないかと思います。

地元の歴史を知りたいと思っていても、そのような機会も余り無く、一般向け
に書かれている刊行物も少ない現況からみても、博物館が一番最適な場です。
実際、研究をされている学芸員の方に解説して頂くことで、地元和歌山の歴史
を身近に感じられ、展示品の価値も同時に知ることもできます。

学芸員の方のミュージアムトークは、是非、今後も続けてください。
また、行かせて頂きます。
今後の展示内容に期待をし、楽しみにしております
                            市内在住・山田

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター