Entries

特別展 移動する仏像(先行紹介用)

特別展 移動する仏像―有田川町の重要文化財を中心に―
■会  期 平成22年(2010)4月24日(土)?6月6日(日)
■概  要 「仏像が移動する」と聞いて、意外に思われるでしょうか。信仰対象として大切に守られてきた仏像の中には、もともとの安置場所から離れ、別の寺院へと移動した歴史を持つものがあります。それらの仏像は、いったいいかなる理由で、どのように移動したのでしょうか。そこには、仏像とともにあった、人々と地域の歴史が凝縮されています。
 この特別展では、安置場所が移動した歴史を持つ仏像に注目して、和歌山県有田郡有田川町の歓喜寺・吉祥寺・浄教寺の重要文化財を中心に、多数の仏像・仏画を一堂に展示します。仏像の移動をテーマとする日本初のこの展覧会で、仏像が持つ造形美と、仏像がたどってきた歴史とが重なりあい醸し出される、その豊かな魅力をお伝えします。

■開館時間 9:30?17:00(入館は閉館の30分前まで) 
■休 館 日 月曜日(ただし5月3日(月・祝)は開館、5月6日(木)は休館)
■入 館 料 一般500円(400円)・大学生300円(250円)
      ※( )内は20名以上の団体料金。
      ※高校生以下・65歳以上の方・障害者の方、県内に在学中の外国人留学生(外国人就学生を含む)は無料。
■主  催 和歌山県立博物館
■協  力 有田川町・有田川町教育委員会・(財)和歌山県文化財保護協会・(社)和歌山県文化財研究会

★講演会・展示解説
■講 演 会 「移動する仏像と地域史」
 講  師 大河内智之(学芸員)
 日  時 4月29日(木・祝)、13:30?15:00
 申し込み 不要
 会  場 和歌山県立近代美術館(博物館となり)2階ホール
 備  考 終了後、展示解説を行います(入館料必要)。

■国際博物館の日記念講演会「明恵上人と動物彫刻」
 講  師 伊東史朗(館長)
 日  時 5月16日(日)、13:30?15:00
 申し込み 不要
 会  場 和歌山県立近代美術館(博物館となり)2階ホール
 備  考 終了後、展示解説を行います。展示解説は入館料が必要です。

■ミュージアムトーク
 内  容 学芸員(大河内智之)による展示解説です。
 日  時 5月4日(火・祝)、5月5日(水・祝)、5月8日(土)、5月22日(土)、5月30日(日)
      6月5日(土)、いずれも13:30?14:30
 申し込み 不要
 会  場 和歌山県立博物館企画展示室内
 備  考 入館料が必要です。

出陳資料リスト


?移動する仏像―吉祥寺の仏像から―
1 棟札 1枚 応永34年(1427) 吉祥寺蔵 重要文化財(附)
2 薬師如来坐像 1軀 平安時代 吉祥寺蔵 重要文化財
3 聖観音立像 1軀 平安時代 吉祥寺蔵 重要文化財
4 大日如来坐像 1軀 平安時代 吉祥寺蔵 重要文化財
5 毘沙門天立像 1軀 平安時代 吉祥寺蔵 重要文化財
6 不動明王及二童子立像 3軀 平安時代 吉祥寺蔵 重要文化財
7 不動明王立像 1軀 平安時代 吉祥寺蔵 有田川町指定文化財
8 菩薩形立像 2軀 平安時代 吉祥寺蔵

?寺院の変遷と仏像―歓喜寺の仏像から―
9 紀州所々遺跡 1巻 江戸時代 歓喜寺蔵
10 沙門喜海水田寄進状案 1通 室町時代 歓喜寺蔵
11 地頭藤並松石丸等連署名田寄進状 1通 永仁6年(1298) 歓喜寺蔵
12 沙弥西仏水田寄進状 1通 永仁6年(1298) 歓喜寺蔵
13 仙渓広竺譲状 1通 長禄3年(1459) 歓喜寺蔵
14 歓喜寺縁起 1巻 江戸時代 歓喜寺蔵
15 阿弥陀如来坐像 1軀 南北朝時代 歓喜寺蔵 重要文化財
16 地蔵菩薩坐像 1軀 平安時代 歓喜寺蔵 重要文化財
17 地蔵菩薩・阿弥陀如来像 2軀 鎌倉時代 歓喜寺蔵
18 鼻高面・鬼神面 2面 江戸時代 歓喜寺蔵
19 歓喜寺諸記録 1冊 江戸時代 歓喜寺蔵
20 地蔵菩薩・阿弥陀如来取扱方ニ付申渡覚 1通 元文5年(1740) 歓喜寺蔵
21 石垣千体仏 1110軀 平安時代・江戸時代 歓喜寺蔵
22 二天立像 2軀 室町?江戸時代 歓喜寺蔵
23 石垣千体仏略縁起版木 1枚 宝永3年(1706) 歓喜寺蔵
24 地蔵菩薩坐像古写真 1枚 明治時代 歓喜寺蔵
25 地蔵菩薩立像 1軀 鎌倉時代 博物館蔵

?仏像は人と地域とともに―浄教寺の仏像から―
26 大日如来坐像 1軀 鎌倉時代 浄教寺蔵 重要文化財
27 十二天像 1幅 明応10年(1501) 浄教寺蔵 有田川町指定文化財
28 十王図 10幅 元時代あるいは南北朝時代 浄教寺蔵 和歌山県指定文化財
29 仏涅槃図 1幅 鎌倉時代 浄教寺蔵 重要文化財
30 当麻曼荼羅 1幅 鎌倉?南北朝時代 浄教寺蔵 和歌山県指定文化財
31 十六羅漢像 2幅 南北朝?室町時代 浄教寺蔵 有田川町指定文化財

?仏像はいかに残されるか―仏像の移動と地域史―
32 天部形立像・神将形立像 2軀 平安時代 浄妙寺蔵 有田市指定文化財
33 五智如来坐像 4軀 鎌倉時代・江戸時代 浄妙寺蔵 有田市指定文化財
34 熊野三所権現本地仏坐像 3軀 鎌倉時代 個人蔵
35 地蔵菩薩立像 1軀 江戸時代 個人蔵
36 十一面観音立像 1軀 奈良時代 円満寺蔵 重要文化財


★連携展示のおしらせ
 「移動する仏像」展と連携して、有田川町教育委員会主催の企画展「歓喜寺の歴史と文化」が、同じ会期にて、有田川町地域交流センターで開催されます。
■企 画 展 歓喜寺の歴史と文化
 会  期 平成22年(2010)4月24日(土)?6月6日(日)
 会  場 有田川町地域交流センター[ALEC]
      (有田郡有田川町大字下津野704、TEL0737-52-4730) 
 開館時間 火?金(10:00?19:00)、土・日・祝日(10:00?17:00)
 休 館 日 月曜日(祝日が月曜日の場合はその翌日)
 交  通 JR藤並駅より有田鉄道バス「一ッ松」下車、北へ徒歩10分。または町営観光施設巡回バス利用。
 U R L http://www.town.aridagawa.lg.jp/alec-top.htm

→移動する仏像展日誌バックナンバー
→和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/204-75b39c2a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター