Entries

赤岸鎮の石―弘法大師の踏みし足跡―

和歌山県立博物館友の会マイミュージアムギャラリー
第9回展示 「赤岸鎮の石―弘法大師の踏みし足跡―」
【出陳者】 松山 義一
【展示期間】 平成20年12月13日(土)?平成21年2月20日(金)
マイミュージアム9?1 画像クリックで拡大します。

マイミュージアム9?2 福建省・赤岸鎮の松山島

【資料をめぐる思い出】
 「1992年11月、当時私が地元のお寺の総代をしていた関係で、高野山真言宗友好中国・香港の旅の一員として、弘法大師が日本から唐へ渡った際に到着した福建省の赤岸鎮(せきがんちん)を訪れました。
 同行の方たちは、弘法大師が踏みしめた海岸の砂を集めていました。私は、その海岸から望むことのできる島とそっくりな石を見つけたので、弘法大師も見たであろうその島の思い出に、記念に拾ったのでした。
 その後、島の名前を現地の方に尋ねたところ、「松山島(ソンシャンタオ)」だと教えてもらいました。自分の名前と同じと知って、感慨はさらに深いものとなりました。」

【学芸員の一口メモ】
 延暦23年(804)7月6日、弘法大師空海は遣唐使の一員として、肥前国田浦(現・長崎県平戸市)から中国大陸へと出港しました。しかし船団は2日後、折からの暴風雨に遭遇し、第3船、第4船は沈没し、空海が乗った第1船は34日間の漂流の末、はるか南の福州長渓県赤岸鎮(現・福建省福州市赤岸鎮)に漂着しました。
 この赤岸鎮で空海の文筆の才を伝えるエピソードがあります。漂着した遣唐使一行は海賊ではないかと疑いをかけられ、福州の担当役人閻済美(えんせいび)からの上陸許可が得られませんでした。そこで空海が大使藤原葛野麻呂(ふじわらのかどのまろ)に代わって上表文を記したところ、あまりの格調高い文章に閻済美は感銘し、上陸を許可したのです。この後遣唐使の一行は勅使に迎えられ、陸路長安へと向かったのでした。

→これまでのマイミュージアムギャラリーの展示品
→マイミュージアムギャラリーとは
→ポケットブック「マイミュージアムギャラリーができるまで」(上田早紀氏構成・絵)
→和歌山県立博物館ウェブサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenpakunews.blog120.fc2.com/tb.php/104-791de154

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター