Entries

木食応其展の展示解説を行いました。

 11月15日(土)、午後1時30分より展示解説を行いました。今回の展覧会担当の主査学芸員・前田正明が約40名の来館者に、展示資料の解説をいたしました。本日は、「関西文化の日」ということで、入館料が無料となっており、普段より多めの方がお見えになりました。なお、明日(16日)も入館料が無料となっておりますので、どうぞご来館下さい。 今回の特別展も、残すところ、あと1週間あまりとなりました。今から400年前に、高野山と...

特別展「没後400年 木食応其」の博物館講座を開催しました。

 11月9日(日)、近代美術館2階のホールで、特別展「没後400年 木食応其」の博物館講座が開催されました。博物館講座としては2回目、10月26日(日)に行われた記念講演会から数えると、同ホールでは3回目となる講演会でした。毎回足繁くかよってこられる方もいらっしゃって、そういう方はもうだいぶ「応其」通になってこられたのではないでしょうか。「木食応其」と言われて、その人物像がパッと思い浮かぶ人はなかなか少な...

金曜日は夜間開館!そして一品解説!

 特別展期間中の金曜日は、夜7時まで開館しています。 日もとっぷり暮れた博物館。久しぶりに館の外の行灯に灯がともりました。 会期中の夜間開館の日は、10月24日、31日、11月7日、14日、21日です。お仕事帰りに、また秋の過ごしやすい夜の散歩に、どうぞご利用下さい。 この夜間開館日には、毎回、18時15分から約30分、学芸員による一品解説を行います。次週以降の担当と専門分野は次の通りです。テーマは当日のお楽しみ!...

木食応其の全てが分かる!―図録販売中―

 特別展「没後400年 木食応其―秀吉から高野山を救った僧―」の特別展図録を販売中です。総頁数236頁、出陳資料の全ての図版と解説を掲載し、古文書の翻刻や、14頁におよぶ「木食応其関連年表」、コラム10篇など、読み物としても、研究資料としても、大変充実した内容に編集致しました。定価2000円です。 これからの木食応其研究は、この図録なしには進められない!といっても過言ではありません(自画自賛でスイマセン)。 ご購...

応其展、いよいよオープンです!

 本日、特別展「没後400年 木食応其―秀吉から高野山を救った僧―」の内覧会を行いました。ご所蔵者、ご協力をいただいた皆様をお招きして、開会に先立ってお披露目させて頂きました。展示会場はこんな感じです。  戦国時代から江戸時代の初頭にかけて、勧進聖として方広寺・東寺・醍醐寺など多数の寺社の修造を行った高野山僧木食応其の事蹟を一望することができる、初めての機会です。 国宝・阿弥陀聖衆来迎図(有志八幡講十...

Appendix

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター