FC2ブログ

Latest Entries

大毘盧遮那成仏経疏(館蔵品369・370)

大毘盧遮那成仏疏経(館蔵品369・370)

369大毘盧遮那成仏経疏巻1(巻首) (巻一巻首) 369大毘盧遮那成仏経疏巻2(巻末) (巻二巻末) 369大毘盧遮那成仏経疏巻3(巻末) (巻三巻末)
369大毘盧遮那成仏経疏巻8(巻首) (巻八巻首) 369大毘盧遮那成仏経疏巻9(巻末) (巻九巻末) 369大毘盧遮那成仏経疏巻19(巻末) (巻一九巻末)
369大毘盧遮那成仏経疏巻9(巻末)奥書 (巻九奥書)
※いずれも画像はクリックで拡大します。

【刊記・奥書等】
(巻二刊記)「慶安二年〈己丑〉九月吉日、於高野山開板」
(巻四刊記)「建治三年〈丁丑〉七月六日、於金剛峯寺信芸書」
(巻四奥書)「以智積院御本、加点畢、秀珊」
(巻五刊記)「建治三年〈丁丑〉七月廿五日、於金剛峯寺信芸書」
(巻五奥書)「以智積院経蔵御本、加点畢、秀珊」
(巻六奥書)「以智積院経蔵御本而、写功了、秀珊」
(巻七奥書)「以智積院経蔵御本而、加点了、深仙房秀珊」
(巻八奥書)「以智積院経蔵御本而、書写了、深仙秀珊」
(巻九刊記)「建治四年〈戊寅〉正月八日、於金剛峯寺信芸書」
(巻九奥書)「智積院以経蔵御本而、加点了、秀珊」
(巻一一刊記)「建治四年〈戊寅〉二月四日、於金剛峯寺信芸書」
(巻一二刊記)「弘安元年〈戊寅〉四月二日、於金剛峯寺信芸書」
(巻一二奥書)「文精」
(巻一三刊記)「弘安元年〈戊寅〉八月廿二日、於金剛峯寺信芸書」
(巻一四刊記)「弘安元年〈戊寅〉後十月四日、於金剛峯寺信芸書」
(巻一五奥書)「以智積院経蔵御本、加点畢、秀珊」
(巻一六刊記)「弘安元年〈戊寅〉十一月十六日、於金剛峯寺信芸書」
(巻一七刊記)「弘安元年十一月晦日、於金剛峯寺信芸書」
(巻一八刊記)「弘安二年正月三日、於金剛峯寺信芸書」
(巻一九刊記)「弘安二年四月四日、於金剛峯寺信芸書」

【内容】
大毘盧遮那成仏経疏は、「大日経疏」とも略称される中国・唐代の仏教書で、大日経の根本注釈書です。
この史料は、主に中世末に刊行されたかと思われる高野版です。
→高野版(館蔵品253)
→大毘盧遮那成仏経疏(館蔵品254)
もご参照ください。

この資料は全20冊あり、いずれも粘葉装ですが、
①巻1・2、②巻3、③巻4~20の三種の版本が混在しています。
①(巻1・2)は慶安2年(1649)の版本、
②(巻3)は刊記等不明ですが雲母引の料紙を使用した版本、
③(巻4~20)は建治3年(1277)・建治4年・弘安元年(1278)・弘安2年の刊記(金剛峯寺信芸書)のある後印本を
智積院経蔵本でもって深仙房秀珊が加点したもの、
となっています。

表紙右下の蔵書者名を摺り消した(もしくは墨で塗りつぶした)あとがあります。
巻六・八・九・一一・一三・一六・一七・一九・二〇には、巻首に「文説」の朱書と印が捺されています。
いずれも蔵書者を表していると思いますが、詳細は突き止められていません。

(当館学芸員 坂本亮太)


大毘盧遮那成仏経疏(館蔵品254)

大毘盧遮那成仏経疏(館蔵品254)

大毘盧遮那成仏経疏巻一本(巻首) (巻一本 巻首) 大毘盧遮那成仏経疏巻一末(巻末) (巻一末 巻末)
大毘盧遮那成仏経疏巻二末(巻末) (巻二末 巻末)
 ※画像はクリックでいずれも拡大します。


【刊記】
(巻一末・巻二本・巻二末 刊記)
「為酬四恩之広徳興三宝之妙道/開五巻疏之印板矣/元和二〈丙辰〉年三月廿一日/高野山金剛三昧院第三十四代良算」

「大日経疏」とも略称される中国・唐代の仏教書で、大日経の根本注釈書です。
善無畏が『大日経』を翻訳したとき、その内容を講じたものを一行がまとめ、自己の意見も若干加えました。
単なる字句の解釈にとどまらず、大日経の思想を再構成し、密教の発展に大きな役割をもったといわれます。

この史料は、元和2年(1616)印刷された粘葉装の高野版(4冊)です。
この時の開版には、高野山金剛三昧院第34代良算が関わっていたことが刊記からわかります。
本資料は、現状で巻一(本・末)・巻二(本・末)の都合4冊あり、巻三を欠きます。
高野版とは、広い意味では高野山内で版が彫られ、出版された書物(仏書)全般を指しますが、
なかでも鎌倉時代~江戸時代の前半頃までは形態がよく似ているため、
狭い意味ではこれらのみを高野版とも呼んでいます。

(当館学芸員 坂本亮太)

弁顕密二教論・般若心経秘鍵・吽字義・即身成仏義(高野版)(館蔵品253)

弁顕密二教論・般若心経秘鍵・吽字義・即身成仏義(高野版)(館蔵品253)

弁顕密二経論(表紙) (弁顕密二教論 表紙)  弁顕密二経論(巻首) (弁顕密二教論 巻首)

般若心経秘鍵(巻末) (般若心経秘鍵 巻末刊記) 吽字義(巻首) (吽字義 巻首)
 ※画像はいずれもクリックで拡大します。

【刊記等】
(般若心経秘鍵・刊記)「右筆甲州暁善」

【内容】
「般若心経秘鍵」1巻、「即身成仏義」1巻、「吽字義」1巻、「弁顕密二教論」2巻、
「声字実相義」1巻、「秘蔵宝鑰」3巻、「菩提心論」1巻、
弘法大師等の著作10巻をあわせたものを「十巻章」と呼びます(「菩提心論」のみ弘法大師の著作ではありません)。
江戸時代中期頃より、弘法大師の代表的な著作、弘法大師の重要な教えが説かれている著作を合わせて「十巻章」とし、
現在でも高野山大学では素読や講義などに使われているようです
(北川真寛『はじめての「弘法大師信仰・高野山信仰」入門』セルバ出版、2018年)

この資料はそのうち、「般若心経秘鍵」「即身成仏義」「吽字義」「弁顕密二教論」の高野版(5冊)です。
いずれも粘葉装で、江戸時代に印刷されたものと思われます。

高野版とは、広い意味では高野山内で版が彫られ、出版された書物(仏書)全般を指しますが、
なかでも鎌倉時代~江戸時代の前半頃までは形態がよく似ているため、
狭い意味ではこれらのみを高野版とも呼んでいます。
似た形態とは、
①料紙に高野紙を用いていること、
②字体に写経体(仏典を写すために使われた書体)を用いていること、
③装丁は多くが粘葉装であること(そのほか巻子・折本などもあります)、といった点が挙げられます。

このうち般若心経秘鍵には刊記に「右筆甲州暁善」とあります。
京都大学附属図書館所蔵の永禄7年(1564)刊の高野版・般若心経秘鍵(1-24/ハ/1貴)に
「為奉報高祖鴻恩謹開此秘鍵印板者也/永禄七年<甲子>八月日 施主生国泉州栄泉/右筆甲州暁□(破損)」とあり、
本資料は永禄7年刊本の後印本と考えられます。

また「弁顕密二教論」には表紙に「雲長」とあり、詳細は不明ですが雲長の蔵書であったこともわかります。

なお、高野版については、
・『空海からのおくりもの 高野山の書庫の扉をひらく』凸版印刷株式会社 印刷博物館、2011年
・『歴史資料 高野版板木調査報告書』高野町教育委員会、1998年
などをご参照ください。


(当館学芸員 坂本亮太)

水無瀬三吟百韻(館蔵品848)

水無瀬三吟百韻(館蔵品848)

848水無瀬三吟百韻(巻首) (巻首)  水無瀬三吟百韻(巻末) (巻末)

【刊本】
・『続群書類従』第17輯上
 ※ただし本資料と群書類従本とは系統が異なります。

長享2年(1488)正月22日に、後鳥羽院の250年忌を偲んで、
水無瀬宮(大阪府島本町)法楽として、同宮御影堂に奉納された百韻連歌で、
「水無瀬三吟何人百韻」ともいいます。

宗祇とその高弟・肖柏、および宗長の三人による三吟で、
宗祇連歌の代表的な作品と位置づけられています。
本資料は、本紙に鳥の子紙を用い、天地の縁には紫の絹地に金泥で草花図をあしらったものとなっています。
本文は、端正な筆遣いで丁寧に書写されています。
ただし、書風より判断すると、江戸時代中期頃の書写かと思われます。

句数は宗祇31句、肖柏34句、宗長35句となっています。
一般的には宗祇34句、肖柏33句、宗長33句のものが知られており(『続群書類従』に載るものなど)、
本資料はそれとは別系統の写本(山岸徳平所蔵本系統)のものと思われます。

なお、宗祇の出生地については、紀伊の有田郡(現在の有田川町)とする説と、近江国東部とする説があります。
(廣木一人『室町の権力と連歌師宗祇―出生から種玉庵結庵まで―』三弥井書店、2015年など参照)

(当館学芸員 坂本亮太)

宝鏡鈔(館蔵品841)

宝鏡鈔(館蔵品841)

0841宝鏡抄(巻首) (巻首)  0841宝鏡抄(巻末) (巻末)
※クリックすると写真は拡大します。

【奥書】
(本奥書)「宝性院法印宥快記之」

(書写奥書)
于時応永三十二年十二月廿八日夜半於谷上正智院書写[   ]
                 沙門快嚴
                 乗識房廿八才
旹明応七〈戊午〉四月廿四日於讃洲仲郡尾背寺西坊
自金勝院彼御本賜書写畢 金剛資照鏡〈五七〉
又云同年七月六日尾背寺上之坊ニテ借御本給如本
書写畢、修求聞持谷也、備中国水田之侍従宥嚴〈五七〉
 於多度郡善通寺勧学院書写畢
 明応七〈戊午〉八月廿四日 大和国添下郡上鳥見長弓寺[  ]〈長/[  ]〉

(裏見返)
如此雖移不校合間、謬多可有之者
後見能々可有糺明也
 〔ア〕〔ビ〕〔ラ〕〔ウン〕〔ケン〕□ 〔バ〕〔ザラ〕 宥海
                  「十六箱内」

※〔 〕は種子(梵字)

【刊本等】
・『大正新脩大蔵経』巻77
・『立川流聖教類纂』2(立体社、1976年)
 ※底本はいずれも明暦2年(1656)の版本。

【内容】
宝鏡抄は、高野山宝性院の宥快の代表的著作です。
著者の宥会は、藤原実光の息で、康安元年(1361)17歳の時に出家、後に高野山の宝性院に住し、
信弘のもとで入壇灌頂を受けました。応安7年(1374)宝性院門主となり、翌永和元年(1375)に宝鏡鈔を著しました。
明徳3年(1392)には後円融上皇のために鎮座法を修するなど、たびたび詔により宮中で秘法を修していたようです。
応永22年(1416)、72歳で入寂したと伝えられています。
宥快は、無量寿院の長覚と並び、南北朝~室町時代前期の高野山を代表する学僧で、
二人の教学振興は「応永の大成」とも呼ばれました。

宝鏡抄では、日本への密教伝来以後、真言宗の諸流を記し、
次に平安時代後期の仁寛による立川流の創始とその論理、
さらに後醍醐天皇に仕えた文観が立川流の拡大に影響を持ったと批判し、
文観の罷免を求めた建武2年(1335)の金剛峯寺衆徒奏状を引用しています。

この資料には奥書が記され、書写の過程がわかります。
①応永32年(1425)、高野山正智院で乗識房快嚴が書写、
②明応7年(1498)4月、照鏡が讃岐尾背寺(香川県まんのう町)西坊で(正智院で書写した)本を金勝院より借りて書写
③同年7月、備中国水田(岡山県真庭市)之侍従宥嚴が、讃岐尾背寺上之坊で(西坊で書写した)本を借りて書写
④同年8月、大和国上鳥見長弓寺(奈良県生駒市)の僧某が善通寺勧学院で(讃岐尾背寺上之坊で書写した本を)書写
というように、写し継がれてきたものです。

特に讃岐尾背寺は、長宗我部氏によって焼き討ちにあい、
現在寺院は残っていないようです(平凡社 歴史地名大系「香川県の地名」)。
尾背寺に西坊・上之坊などがあったことがわかる点でも、この資料は重要です。

なお、巻首には「洛西鳴滝/常楽寺蔵」とう朱印があり、
0841宝鏡抄(朱印)
仁和寺別院の鳴滝山常楽院(京都市)旧蔵であることもわかります。


(当館学芸員 坂本亮太)

夏休み企画展「生誕200年記念 稲むらの火 濱口梧陵」が始まりました

本日(18日)夏休み企画展「生誕200年記念 稲むらの火 濱口梧陵」が始まりました。
展示室はこんな感じです。

 DSC_1531.jpg

 DSC_1533.jpg  

展示構成は、
Ⅰ 梧陵のふるさと Ⅱ 祖父・灌圃と周辺の人びと Ⅲ 安政地震津波と梧陵・咏処
Ⅳ 幕末・維新期における梧陵と海荘 Ⅴ 梧陵に学ぶ -「災害の記憶」の継承-
です。

「Ⅴ 梧陵に学ぶ -「災害の記憶」の継承-」では、文化庁の補助金を得ておこなっている「地域に眠る『災害の記憶』の発掘・共有・継承事業の調査成果として、今年3月に刊行した冊子『「災害の記憶を未来に伝える」-和歌山県の高校生の皆さんへ-』に掲載した資料の一部を展示しています。また、この冊子は、来館していただいた方で、希望される方に無料配布しています(先着3,000人)。

 『「災害の記憶」を未来に伝える』(表紙)

夏休み企画展「生誕200年記念 稲むらの火 濱口梧陵」は、8月23日(日)まで開催しています。

(主任学芸員 前田正明)

→濱口梧陵
→和歌山県立博物館ウェブサイト

請雨経法(別尊雑記)(館蔵品831)

請雨経法(別尊雑記) (館蔵品831)

0831請雨経法(巻首) (巻首)  0831請雨経法(巻末) (巻末)

0831請雨経法(図像1) 0831請雨経法(図像2) 0831請雨経法(図像3) (表書の図像)

0831請雨経法(裏書冒頭) (裏書冒頭)  0831請雨経法(裏書末尾) (裏書末尾)

0831請雨経法(裏書図像1) 0831請雨経法(裏書図像2) 0831請雨経法(裏書図像3) (裏書の図像)

※画像はいずれもクリックで拡大します。


【題】
外題「別尊雑記 請雨法  『人皇』」
首題「成蓮院/請雨経法  「僧正弘基」」

【奥書等】
奥書「元応二年六月十一日黙交之了
   『正中二年三月六日奉伝受之了』」

裏書「以式部僧都正筆持本此校之、彼批記云
   写本小野僧正御手跡也、成尊僧都ニ被伝授之云々、
   天治二年十月八日賜件御本於得大寺法眼御房
   奉伝此法了、本尊幷敷曼多羅口伝等同賜之畢、
                   末資覚任
     已上裏書支度口伝池図壇所指図等十通
     以威徳寺本書取了、承安二年六月十八日心覚記之 」

【刊本】
『大正新脩大蔵経』図像第三巻(大正新脩大蔵経刊行会、1932年) p114~124
※仁和寺所蔵本を底本とする。

【内容】
平安時代後期の真言宗僧・心覚が撰述した『別尊雑記』57巻のうち、
巻14は請雨経法と呼ばれ、特に雨乞いの修法に用いられました。
真言密教においては、空海が天長元年(824)に神泉苑で祈雨を行ったのを嚆矢として、
請雨は重要な修法と位置づけられていました。
「別尊雑記」を撰述した心覚は、園城寺・醍醐寺で研鑽した後、高野山に入山し、
成蓮院で灌頂を受け、常喜院を開いたことでも知られています。

この資料は上等の斐紙に淡墨の界線を引き、丁寧に書写された巻子本で、
裏書や朱筆までも忠実に写し取っています。
巻末にある元応2年(1320)の点校奥書、ならびに正中2年(1325)の伝授奥書も
原本に記されていたものと思われます。

紙背には承安2年(1172)6月18日の心覚による裏書が記されており、
祖本は心覚自筆の仁和寺所蔵本であった可能性も考えられます。
巻頭の首題下には、摺り消しをおこなったうえで「僧正弘基」の朱印が捺されており、
この資料が一時期、新義真言宗智積院30世の弘基の手元にあったことも窺われます。

(当館学芸員 坂本亮太)

高野山記(館蔵品900)

高野山記(館蔵品900)

0900高野山記(巻首) (巻首)  0900高野山記(巻末) (巻末)
0900高野山記(裏書) (巻末紙背)  ※文字読みやすくするためコントラスト・色調の調整をしています。
※クリックすると画像が拡大します。

【釈文】
・『続群書類従』第28輯上
・阿部泰郎・山崎誠編『中世高野山縁起集 真福寺善本叢刊9』(臨川書店、1999年)
 ※ただし文言等にはそれぞれ若干の異同があります。

【写真・解説等】
・『弘法大師と高野参詣』(和歌山県立博物館、2015年)

【奥書等】
(奥書)「天文第六弥生日/高野山国城院九品堂常住」
(巻末紙背墨書)「興山寺現住院主件箇古記点蒙請于予筆貧道不才而不能考/兼魯焉馬之混淆雖固辞再三所望不能謝課虚点之/誠穢披覧之眼光者也/于時延宝第三乙卯稔赤帝首月天中天降誕之日好遯緇即恵空点」

【内容】
「高野山記」は、高野山に関する宗教的な意義・解釈などに関わる言説をまとめた書です。
大須観音宝生院や正智院にも写本が伝わっています(字句等は若干異なります)。
前半では高野山の霊地・聖地としての由縁や参詣の利益を説き、
後半では念仏の利益、名号の意義を明らかにしています。
特に「六字名号、五字真言、得益、是可同」とあるように、念仏と真言の一味を主張し、
高野山が阿弥陀の浄土であることを説いています。
高野山を拠点にした念仏聖(高野聖)が依拠した縁起(テキスト)とすることができます。
大須観音宝生院所蔵の写本によると、作者は「生阿」とありますが、本書には記載されていません。

この資料に奥書があり、天文6年(1537)に書写されたもので、
「国城院九品堂」の什物であったことが記載されています。
国城院は一遍上人開基と伝える子院です。
九品浄土曼荼羅(当麻曼荼羅)を掛ける九品堂があったのでしょう。
作者が「生阿」とする写本もあるように、阿弥号を持つ時宗聖による縁起と考えられます。
高野山では様々な集団が、それぞれの依拠する縁起を作成し所持していたことを物語っています。

なお巻末紙背の墨書によると、
延宝3年(1675)に興山寺現住の依頼を受けて恵空が点を加えたものであることがわかります。

(当館学芸員 坂本亮太)

遺告二十五箇条(館蔵品1029)

遺告二十五箇条(館蔵品1029)

1029遺告二十五箇条(巻首) (巻首)  1029遺告二十五箇条(巻末)  (巻末)
※画像はクリックで拡大します。

【翻刻等】
・弘法大師著作研究会編『定本 弘法大師全集』第七巻(高野山大学密教文化研究所、1992年)

【内容】
空海が諸弟子等に残した遺言とされる「遺告二十五箇条」の写しです。
「遺告二十五箇条」については、館蔵品1028も参照。

この資料に奥書はありませんが、
裏に「御遺告是我宗之重書也/昭和十三年戊寅年一月 密乗末葉長谷宝秀記」とあり、
近代の真言宗の学僧である長谷宝秀の所持本であることがわかります。
1029遺告二十五箇条(裏書) (裏書)  ※クリックで画像は拡大します。

長谷宝秀は、香川県の生まれで、土宜法龍に師事し、明治31年(1898)高野山大学林を終了、
明治33年~昭和22年(1947)には真言宗連合京都大学(現在の種智院大学)教授を勤め、
後進の指導に尽力しました。
『真言宗安心全書』『慈雲尊者全集』『密教大辞典』『弘法大師伝全集』『弘法大師諸弟子全集』など、
多くの編著・監修書を残し、『長谷宝秀全集』もまとめられるなど、
古義真言宗の碩学として近代宗学を支えた人物として知られています。

この資料の本文の各所には、付箋による書き入れがあり、
長谷宝秀の研究の様子をうかがい知ることができる点も貴重です。
1029遺告二十五箇条(文中付箋) (本文中の付箋)  ※画像はクリックで拡大します。



(当館学芸員 坂本亮太)

御遺告真然大徳等(館蔵品939)

御遺告真然大徳等(館蔵品939)

0939御遺告真然大徳等(巻首) (巻首)
0939御遺告真然大徳等(巻末) (巻末)  ※写真はいずれもクリックで拡大します。

【解説等】
・『高野山開創と丹生都比売神社』(和歌山県立博物館、2015年)

【翻刻等】
・弘法大師著作研究会編『定本 弘法大師全集』第七巻(高野山大学密教文化研究所、1992年)


【内容】
弘法大師空海が入定に先がけて、真然大徳等の弟子たちに遺言したとされる「御遺告真然大徳等」の写しです。
「御遺告真然大徳等」は、弘法大師空海が承和2年(835)3月21日
の入定に先がけて記したとされる「御遺告」の一つです。
巻末には、承和2年3月15日の日付けと空海の署名があり、
空海の後継として高野山の造営をおこなった真然等に残した遺言という体裁で記されています。

「御遺告」には、「遺告二十五箇条」「遺告諸弟子等」「太政官符案幷遺告」「遺告真然大徳等」の主に四種類があり、
「遺告二十五箇条」が10世紀中頃にまず成立し、
内容を改変してそれを抄出して「遺告諸弟子等」が11世紀初め頃にでき、
さらにそれを抄出して残りの「太政官符案幷遺告」「遺告真然大徳等」が作られた
と考えられています(武内孝善「御遺告の成立過程について」『印度学仏教学研究』86、1994年)。

この資料には本奥書に
「御遺告一巻/天正十七〈己丑〉四月廿一日修復之畢/木食興山上人応其判」
とある点が注目されます。
応其は天正13年(1585)の羽柴秀吉による焼き討ちから高野山を救った人物として知られています。
天正17年の段階ではいまだ高野山の寺領が確定されていなかったため、
高野山(および応其)は自らが主張する寺領の領域の正当性を示すために、
「御遺告諸弟子等」「太政官符案幷遺告」「御遺告真然大徳等」「弘法大師御手印縁起」の修復をおこないました。
この資料は、応其が修復を行った「御遺告真然大徳等」の写しと考えられます。

巻頭には「一ノ真乗院」という朱印がある点も注目されます。
0939御遺告真然大徳等(朱印)
これは高野山一心院谷にあった真乗院のことを指すとみられます。
真乗院は行人方の有力寺院で、有志八幡講の構成寺院でもありましたが、
明治初年に合併されて今は残っていません。

(当館学芸員 坂本亮太)

Appendix

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター